2019年02月07日 公開

英語で「いないいないばあ」は何と言う?世界の呼びかけ方

「いないいないばあ」は万国共通の遊び。日本語で言う「いないいないばあ」、世界各国ではどのように呼びかけているのでしょうか?子どもが小さなうちから外国語に親しませたいパパママは、そのきっかけとして、ぜひ海外の関わり遊びも活用してみてください。

           

「いないいないばあ」は万国共通の遊び。日本語で言う「いないいないばあ」、世界各国ではどのように呼びかけているのでしょうか?子どもが小さなうちから外国語に親しませたいパパママは、そのきっかけとして、ぜひ海外の関わり遊びも活用してみてください。

「いないいないばあ」は世界共通

 (128527)

「いないいないばあ!」と言いながら、隠した顔をぱっと出すと、多くの赤ちゃんが喜びの声をあげます。大人には単純な遊びに思えますが、どこに赤ちゃんを引きつける魅力が隠れているのでしょうか?

「いないいないばあ」を喜ぶようになるのは多くの場合、生後5~6カ月を過ぎたころから。これは記憶力が発達するためです。記憶力が発達することで、赤ちゃんは目の前にある物を覚えておけるようになります。そして物が隠れたとしても、「なくなったわけではない」ということを認識できるようになるのです。

「いないいないばあ」遊びの際も、赤ちゃんは目の前にパパママの顔があることを記憶しています。そのおかげで「いないいない」と顔を隠されたときに、「顔が消えたけど、出てくるだろう」と予想が可能。「ばあ」で顔が現れ、「やっぱり期待どおりだった!」と喜んでいます。

これは日本だけでなく、世界の赤ちゃんも一緒です。言葉こそ違えど、動作や呼びかける内容に大きな違いはありません。

どのような効果が期待できる?

 (128526)

「いないいないばあ」遊びには、以下のような効果が期待できるといわれています。

・短期記憶の能力が鍛えられる
・想像力、予測する力が身につく
・顔が見えなくなることで「不安」、急に現れることで「驚き」、想像どおりパパママが現れた「喜び」など、たくさんの感情を覚える

また「いないいないばあ」は、大人の働きかけに赤ちゃんが答える遊びです。そのため繰り返し行ううちに、自然とコミュニケーション能力も養われるでしょう。

「いないいないばあ」を英語で言うと?

Peekaboo! | Baby surprise 英語版いないいないばあ

「いないいないばあ」を英語では何と呼びかけ、また英語圏ではどのような遊び方をするのでしょうか?

「いないいないばあ」は、英語で「 Peek-a-boo(ピーカ・ブー)」といいます。 「Peek」はこっそりチラ見する様子を表しており、「boo」は、驚かす際の言葉です。日本語でいうところの「ばあ」にあたる部分でしょう。

なお日本では「いないいない……」で顔を隠しますが、英語の場合は「ばあ」と顔を出すときに「Peek-a-boo」といいます。

英語圏以外の「いないいないばあ」の言い方は?

 (127480)

では英語圏以外の外国では、「いないいないばあ」をどのようにいうのでしょうか?世界各国のいないいないばあをご紹介します。

ドイツ「Gugus……dada!」

ドイツ語の「いないいないばあ」は、「Gugus……dada!(グーグス ダーダッ)」です。日本と同じように「Gugus」で顔を手で隠し、「dada!」で両手を開き顔を見せます。

イタリア「Bao bao cette」

イタリアの「いないいないばあ」は、「Bao bao cette(バォバォ シェッテ)」です。「Bao bao」が「いないいない」、「cette」が「ばあ」にあたり、リズム感は日本語によく似ています。

フランス「Cache-cache cou-cou」

フランスの「いないいないばあ」は、「Cache-cache cou-cou(カシュカシュ クークー)」です。隠れるという意味の「Cache-cache」で顔を隠し、「cou-cou」で顔を出します。「cou-cou」は、「やあ!」というような軽いあいさつとしても使われるようです。

世界の「いないいないばあ」遊びを楽しもう

 (128528)

「いないいないばあ」遊びは国境に関係なく、世界中で楽しまれています。それだけ赤ちゃんにとって魅力のある遊びなのでしょう。「赤ちゃんとどのように関わったらいいかわからない」というパパママもいるかもしれません。そんな方はまず、「いないいないばあ」から楽しんでみてはいかがでしょうか。

慣れてきたら日本語だけではなく、いろいろな国の言葉で「いないいないばあ」をやってみてください。パパママとのコミュニケーションが図れるとともに、外国語と親しむきっかけにもなりますよ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

RINOYUZU RINOYUZU