2019年02月05日 公開

でんぐり返しの効果とは?教え方のコツも紹介します!

両手を床につき、前方に1回転するでんぐり返し。体全体をバランス良く使う必要があるため、発達の指標の1つとして使われることもあります。でんぐり返しを習得することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。教え方のコツもあわせてご紹介します。

           

両手を床につき、前方に1回転するでんぐり返し。体全体をバランス良く使う必要があるため、発達の指標の1つとして使われることもあります。でんぐり返しを習得することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。教え方のコツもあわせてご紹介します。

でんぐり返しの効果とは?

 (130869)

RenataOs / Shutterstock.com
子どもがでんぐり返しを練習することで、次のような効果があるといわれています。

体をコントロールする力が向上する

自分の体を回転させるためには、バランス良く手足の筋力を使う必要があります。

そのためでんぐり返しの練習をすることで、全身をコントロールする力が鍛えられるそうです。

転んだときにとっさに手をついたり、受け身を取ったりといった危機回避能力も上がるため、ケガを減らすことにも役立ちますよ。

運動のコツがつかめる

でんぐり返しをするときの、体重移動の感覚や踏み込むタイミング、勢いのつけ方などは、他の運動をするときにも応用が効きます。

さまざまな動きの基礎が学べるため、正しい方法を子どもに教えてあげたいですね。

でんぐり返しは何歳からできる?

 (130870)

Oksana Kuzmina / Shutterstock.com
1人歩きが上手になり、体を動かす楽しさをおぼえた1~2歳ごろから、子どもはしゃがんで小さくなってみたり、四つんばいになってみたりと、でんぐり返しにつながる動きをはじめます。

個人差が大きいのですが、3~4歳ごろになるとバランス感覚も良くなり、くるりと1回転できる子が増えてくるようです。

でんぐり返しは、やり方を間違えると首を痛めてしまったり、周りのものにぶつかってしまったりする可能性があります。

子どもがでんぐり返しをしているときは、

・転がっても安全な環境を整える
・年齢や発達に応じてサポートをする
・目を離さない

という点に注意してくださいね。

でんぐり返しの方法

photo by author (130661)

via photo by author
でんぐり返しをする前に、まずはケガをしない環境を作ることが大切です。

ぶつかると危ないものは遠ざけ、床にマットや敷布団など、クッションになるものを敷きます。

子どもには、「マットがあるところ以外ででんぐり返しをしてはいけない」ことをしっかり伝えておきましょう。

STEP1:スタートの姿勢になる

photo by author (130664)

via photo by author
マットの上に足をそろえて立ち、両手を肩幅程度に開いて、てのひらを床につきます。

このとき、てのひらは足のすぐ前あたりにつき、体から離し過ぎないようにしてください。

足を閉じたまま、おしりを頭より高く上げます。

あごを引き、自分のお腹あたりを見るようにしましょう。

STEP2:体を丸めて回る

photo by author (130667)

via photo by author
てのひらで床を押しながら、両足で床を押し込むように蹴り、体を前に送り出します。
photo by author (130669)

via photo by author
後頭部・背中・腰が、順番に床につくように意識して、体を丸くして一気に回りましょう。

目線をお腹から外さないこと、お腹とふとももをなるべく離さないことが、上手に回転するコツです。

STEP3:足の裏をつけて立ち上がる

photo by author (130672)

via photo by author
回転の最後に、両手を前に伸ばした体育座りの体勢をとります。
photo by author (130674)

via photo by author
回転の勢いを使って足裏を床につけ、両手を前に出したまま立ち上がりましょう。

でんぐり返しがうまくできないときは?

 (130875)

John-Alex / Shutterstock.com
上手にでんぐり返しができないときは、次のような方法を試してみてください。

自分で回れない

回る感覚をつかむために、傾斜をつけた場所でやってみましょう。

布団やクッションなどを使ってゆるやかな坂を作り、上から下に転がることで、体を回転させることに慣れることができます。

まっすぐに回転できない

いくつかの原因が考えられますが、両手・両足の力のバランスが崩れていたり、頭のてっぺんを床につけて回っていたりすることが多いようです。

左右のてのひら・足の裏をしっかりと床につけ、あごを引いて後頭部を床につけて回ることを意識させてみましょう。

最後に立ち上がれない

スタートのときに床を蹴ったら、足は丸めてひざを抱えるように回ります。

立ち上がるときは、おしりの方にかかとを近づけるようにすると、回転の勢いを活かして上半身を起こしやすくなります。

慣れないうちは、回転しているときに足が伸びたままになってしまいがちなので、体をできるだけ丸めて転がるように、アドバイスしてあげると良いかもしれません。

自宅で楽しくでんぐり返しの練習をしよう!

 (130868)

Julie Hagan / Shutterstock.com
マット運動の基本的な動作の1つでもあるでんぐり返し。

幼稚園や小学校で苦手意識を持たずにすむよう、家で遊びながら慣れてくれると良いですね。

安全確認を忘れずに、正しいでんぐり返しの方法を子どもに教えてあげましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

青海 光 青海 光