2018年1月25日 公開

「うちの子どうしてる?」保育園での子どもたち②お着がえの巻

保育園での子どもたちの様子を、保育士目線でお伝えするコラム。前回の反響が大きく、やっぱりパパママたちは園でのことを知りたいんだな、と実感。そこでお届けする第二弾は、自分でする「お着がえ」での一コマです。家庭でも取り入れられるコツもお伝えします!

まずは「ズボンはいてごらん?」

 (81304)

「うちの子どうしてる?①」の記事を上げた後にちょこちょこ、周りからご感想いただきまして、やっぱりパパママたちは園でのこと知りたいんだな、と実感しました。

というわけで今回は、おうちにいるときとずいぶん事情が違うみたいだぞと常々感じてる、1、2歳頃のお着がえのときの子どもたちの様子です。

自分でするお着がえの挑戦は、大抵一番簡単な「ズボンはいてごらん?」からはじまることが多いです。

自分でがんばってみた!

 (81305)

「○○ちゃんズボンはくの上手になってきましたね~。今日はほとんど自分ではけたんですよ!」

「え!?家じゃやったことないです!」

園であるある、先生と保護者の会話。

ちょっと納得いかないようなパパママと
「僕そんなことしました~?」
または
「ちょっとー、せんせ、ばらさないでよ。てれてれ」
といった子どもの表情とのコントラストが保育者的にはたまらないシーンです(笑)。

そっかそっか、おうちではやんないのか~とこっそりニヤニヤしちゃいますね。おうちではしっかり甘えてるんだなあとうれしく思うのです。

がんばるところと力を抜くところ

また、長いお休みがあった後、「お洋服脱ごうね~」と声かけされてもボーーっと立ちっぱなしのA君。今までできていたのに「あれ?どうしたの?やってごらん?」と再度声をかけると「はっ!ここは保育園だった!」と目を覚ました様子で取り掛かります。

なるほど、おうちで(またはおじいちゃんおばあちゃんちで)、このお休み王子様で過ごしていたな。にやにやにや(笑)。えらいなー、ちゃんとがんばるところと気を抜くところがわかってるんです。

がんばるところと力を抜くところのバランスは、大人でも大切ですよね。小さいながらにそれをちゃんとやっているのだと思うと「すごいな」と思います。

「でも、おうちでもやってもらいたい!」のがパパママの本音でしょうか。

ですよねー!私たちも、園でしたことおうちでもつなげて定着させていっていただきたい!

ではなぜ、保育園ではできるのにおうちではしないのでしょう?

保育園ならではの「待つ時間」が「できる」につながる

 (81306)

保育園に早いうちから通うと、身の回りのことをする、自立の第一歩が比較的早いです。お友だちの様子を見ることができたり、保育者目線からのうながしがあるのはもちろんですが、もうひとつ理由があると私は考えています。

それは、集団生活で必然的にできる「待つ時間」です。多数の子どもに対して保育者1の対応になるので、どうしても「ズボンはけるかな?」と声掛けされた後に待つ時間ができるのです。でもその待つ時間が自分で挑戦することや「めんどくさい」とか「やりたくない」とか気持ちの処理も含めて子どもたちの試行錯誤の時間になります。結果、「自分でズボンをはく」ということができるようになるんですね。

ところが家庭で「待つ」となると、1対1だと「待つ」ってなかなかに忍耐が必要で難しいことで…。気持ちはよくわかります!

保育者として年数を重ねても「あ~、やってあげれば速攻で終わるのに」と思ってしまうことも度々です。プロだから待ちますが、プロじゃなかったら待てないかもしれない。でも、待つって大切。子どもたちは何事も0からの出発です。おのずと時間はかかるもの。いつもよりちょっと待つ時間を増やしてみてください。

「ズボンはけるかな?」のそのあとを大切に

「ズボンはけるかな?」のそのあとに、ちょっとでもやる気がみられたら「えらいね、がんばったね」とほめてあげてください。そしてそれとともに、「ママ(パパ)うれしいなあ!」とさりげなく添えてみてください。子どもたちはパパママが喜ぶととてもうれしいもの。繰り返せばきっとおうちでもがんばってくれるようになりますよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
保育園の新年度がはじまったよ!子どもたちの様子の巻

保育園の新年度がはじまったよ!子どもたちの様子の巻

新年度がはじまりましたね!入園から少し時間が経ちましたが、皆さんのお子さまはいかがですか?新しい環境で過ごす、保育園の子どもたちの様子と、この時期に特に気...
「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち 順番、順番の巻

「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち 順番、順番の巻

「うちの子、園でどうしてるんだろう?」。知っているようで知らない保育園での子どもの顔を、保育士目線でお伝えするコラム。今回は、園で子どもたちがおててを洗い...
子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

「子どもとスキンシップが大切ってわかっていても、いつもばたばたしていて……」。そんなパパママにお伝えしたい!安心してください、毎日自然にやってますよ、スキ...
【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

入園説明会も終れば、いよいよ保育園の入園準備も本格的に。持ち物の準備以外に保育士視点で「こんな準備をしたらいいよ!」ということをお伝えします。2回目は、意...

WRITER

いわいざこまゆ いわいざこまゆ  イラストレーター・造形作家です。7年間の保育士勤めを経て、主に保育の専門誌や書籍でイラストやまんがを描いたり、保育のための造形やアイデアを発表しています。現在も、近所の保育園に助っ人保育士として時折出没します。鹿児島県出身。神奈川在住