2017年05月06日 公開

おもちゃに使用する木の材料と特性を理解し、木製玩具を選ぼう

おうち知育としても人気が高いのが、木のおもちゃです。材料に木を使ったものは昔から子ども用玩具として愛用されてきました。これから子ども用に選びたいと思っている方は、おもちゃに使われる木の材料の種類と特徴を覚えて、適切なものを選んでみましょう。

おうち知育としても人気が高いのが、木のおもちゃです。材料に木を使ったものは昔から子ども用玩具として愛用されてきました。これから子ども用に選びたいと思っている方は、おもちゃに使われる木の材料の種類と特徴を覚えて、適切なものを選んでみましょう。

主な木材の種類

無料の写真: フォレスト, 自然公園, 自然, ハイキング, 木, シェーンブーフ - Pixabayの無料画像 - 2070951 (44618)

木製玩具でよく使われる木材は、ナラ、ブナ、トチ、ホオなどです。

【ナラ】
ブナ科の木で、高級家具の材料としても使われている高品質な素材です。

【ブナ】
加工後に曲がりやすいという性質を持っているのが特徴で、ささくれができにくいといった特性もあります。そのため、ブナは木製玩具に多く用いられているようです。

【トチ】
乾燥により割れやすいという特性があるものの、キレイな杢目が出るのが特徴の木材です。

【ホオ】
刃物が当たっても刃を傷めないという性質から、木製玩具だけでなくまな板にもよく使われています。

どんなおもちゃに何の木が使われているの?

無料の写真: 羊, 木製の羊, 木毛, いじくり回す, 再生, おもちゃ - Pixabayの無料画像 - 1684851 (50771)

先述したように、やはりよく使われているのはブナの木です。定番は積み木ですが、他にもおままごとで使うような木の食器、けん玉などにも使われています。それは湿度の高さにも順応してくれるので長持ちしやすいこと、そして木目の癖が少なく、木肌が美しいといった特徴があるためです。これらのさまざまな利点から、多くのおもちゃに使われています。

トチとブナは白い素材(白太)でもあるため、木製玩具の色を分けるために利用される場合もあります。

代表的な木製玩具・積み木

ブロックで遊ぶ家族4|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (44616)

木製玩具としてよく使われているのが積み木です。積み木は世界中でも愛用されており、1歳から遊べます。シンプルな形状で、手で触れたり目で見て楽しめ、子どもの想像力を育てることができます。
積み木|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (44621)

商品の例であげると、オークヴィレッジ社の「寄せ木の積み木」があります。ナラ、ヒノキ、トチ、ホオ、カエデなどの無垢材が材料として使用され、木の種類によって、色の違いや肌触り、かたさなどが異なります。

ドイツの木製玩具、セレクタ社、ネフ社のホルツコレクションも人気があります。子どもにも優しい天然のコーティング剤の蜜蝋を採用したり、カエデの木を用いるなど材料にもこだわって作られています。

ほかにもスイス、デンマーク、フィンランド、ノルウェーでも良質な材料を使った木製玩具が多く流通しています。子どもに木のおもちゃを買い与えたい場合は、海外製もおすすめです。

木製玩具に適した素材の長所・短所

無料の写真: 背景, ブラウン, 円, カット, 詳細, ログ, 木材, 自然 - Pixabayの無料画像 - 84678 (44627)

積み木はDIYで作成したい家庭もあるでしょう。数をそろえようとすると高価な商品も多いため扱う素材に注意が必要です。

ブナ材が一番適していますが、高級素材のため量を求めるとコストがかかります。一方、桂は加工がしやすく、癖が少ない材料です。桐は軽く調湿作用があります。

市場で手に入りやすい杉は、軽量かつ繊維の方向に裂けやすく、低価格。またホームセンターで販売されているSPF材は、素材にマツ科の3種の木材が使われており、安価で手に入るものの、節や反りが出やすく扱いにくいことを覚えておきましょう。

木それぞれの特徴を知り、おもちゃを選ぼう

子どもに木製玩具を買い与える場合、安全に使える商品を選びたいですよね。おもちゃを選ぶ際には、木の種類や特徴から耐久性をチェックし、末永く安全に使えるか考えてみましょう。また、信頼あるメーカーを選択することも、賢く選ぶポイントの一つです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

ERIKA ERIKA