2018年10月10日 公開

洗濯ばさみで知育遊び!100均材料でできる手作りおもちゃの作り方

簡単な材料で手軽に作れる知育おもちゃをお探しのパパママにおすすめなのが、洗濯ばさみを使ったおもちゃ。子どもの手先の器用さや集中力を養うのにピッタリです。100均材料だけでできる作り方とアレンジ方法をご紹介するので、ぜひ作ってみてくださいね。

簡単な材料で手軽に作れる知育おもちゃをお探しのパパママにおすすめなのが、洗濯ばさみを使ったおもちゃ。子どもの手先の器用さや集中力を養うのにピッタリです。100均材料だけでできる作り方とアレンジ方法をご紹介するので、ぜひ作ってみてくださいね。

洗濯ばさみで知育遊びをするメリット

photo by author (114549)

via photo by author
今回ご紹介するおもちゃは、「ライオンに見立てた紙皿に、洗濯ばさみをたてがみのように自由にくっつけていく」というシンプルなものです。簡単にできて、知育効果も大。はじめての手作りおもちゃにもおすすめです。

指先が鍛えられる洗濯ばさみは、家によくある日常品でありながら、子どもの知育遊びにピッタリ。子どもも、普段大人が使っているのを目にしているので、喜んで遊んでくれます。

「指で掴む」「挟む」という動作は、ハサミやお箸、ボタン掛けの練習にも必要な動きです。いざ練習させようとしても難しいものですが、このおもちゃでの遊びを通して自然に指先が器用になっていきます。モンテッソーリ教育をはじめとする多くの教育法でも、幼少期に手先をよく動かすことが推奨されています。

狙った位置に洗濯ばさみをつけるという動作を繰り返すことで、集中力も身につきます。モノを何かに見立てて遊ぶことは、子どもの想像力を養うことに繋がります。

親にとっては、洗濯ばさみなら、おもちゃとして使った後に家事に再利用できるのがうれしいポイント。つい増えてしまいがちな子どものおもちゃですが、これなら気持ちよく取り入れることができますね。

準備するもの

photo by author (114521)

via photo by author
【材料】
・洗濯ばさみ
・紙皿

【道具】
・ペンやマジック

どれも、お家にあるものや100均で手に入るものでOKです。

ステップ1:洗濯ばさみと紙皿を用意する

photo by author (114524)

via photo by author
紙皿と洗濯ばさみを準備します。

カラフルな洗濯ばさみだと、子どもの気持ちも盛り上がりそう。成長したときに、色を使った遊びもできますね。

子どもの年齢によっては、普通の洗濯ばさみだと固くて動かせないかもしれません。どちらかというと、木製のものの方が軽い力で開けることができるようです。また、「軽い力で開けられる」ことがウリの商品を選べば、小さい月齢から遊ぶことができます。

ステップ2:紙皿にライオンの顔を描く

photo by author (114527)

via photo by author
紙皿の真ん中に、目と鼻を描き、ライオンの顔を表現します。
これくらいなら、絵が苦手な筆者でも問題なく描くことができました。

真っ白だと寂しいと思ったので、上の例では、ライオンっぽいオレンジ色の折り紙を丸く切り抜いて貼り付けています。カラーペンで色をつけても楽しいと思います。

ステップ3:たてがみに見立てて洗濯ばさみをつけていく

photo by author (114530)

via photo by author
紙皿の周りに、洗濯ばさみをつけて遊びます。我が家では洗濯ばさみがバラバラにならないように、小さなカゴにまとめてみました。利き手側に洗濯ばさみを置いてあげると、動作がスムーズになりますよ。

最初は遊び方がわからないと思うので、「ライオンさんがいるよ。たてがみを作ってあげよう」と声をかけ、パパママがお手本を見せてあげるといいですね。

アレンジ自在!いろんなものに見立てて遊ぼう

photo by author (114535)

via photo by author
ライオンのたてがみ以外でも、いろいろなバージョンを作ってみると子どもの創造力が広がります。

例えば、だ円系に切った紙に顔を書き、2本の洗濯ばさみをつけて耳にすれば「うさぎ」のできあがり。同様に、イカやカニなども、手足を洗濯バサミに見立てて遊ぶことができます。お子さまの興味に合わせてレパートリーを増やすと、楽しんで遊んでくれるでしょう。

また、厚紙だけでなく、紙コップも洗濯ばさみをつける土台としてピッタリです。縁にぐるっと洗濯ばさみをつけて、逆さに置けばクラゲに大変身!立体的な作品ができあがるので、より想像力が刺激されるのではないでしょうか。

洗濯ばさみを使った知育遊びのレパートリー

動物などに見立てる他にも、いろいろ遊び方ができるのが洗濯ばさみのいいところ。いくつか例をご紹介します。

うまく挟めない赤ちゃんは、「ひっぱり遊び」

まだ挟む力のない0歳代の赤ちゃんなら、「ついている洗濯ばさみを外す」という遊び方を通して指先を鍛えましょう。

先述の「ライオンのたてがみ紙皿」から引っ張って外すのもいいですし、洋服につけた洗濯ばさみを引っ張って外すのもおすすめ。外れるときの「パチン」という音が子どもにとっては楽しいようです。

色を覚える色遊び

photo by author (114541)

via photo by author
カラフルな洗濯ばさみを準備して、挟むカードも色別に準備します。「同じ色の紙に、同じ色の洗濯ばさみをつけよう」「赤い洗濯ばさみはどれかな?」と声をかけながら遊べば、色の概念を覚えることにも役立ちます。

数の概念を覚える数遊び

photo by author (114544)

via photo by author
数字と、それに対応するマークが欠かれたカードを準備します。「いち、に、さん」と数えながら洗濯ばさみをつけていくことで、楽しみながら数の概念を身につけることができます。

手作りの洗濯ばさみおもちゃで、楽しくおうち知育にチャレンジ

子どもは、「え、そんなもので遊ぶ?」というものにハマりますよね。洗濯ばさみは、子どもが興味をもって遊びたくなるグッズの一つ。それを上手に利用して、知育遊びに取り入れることで、楽しみながら手先の器用さや巧緻性、集中力を養いましょう。

今回ご紹介したおもちゃは、手作りに苦手意識があるパパママでも、簡単に作れるものだと思います。筆者もイラストを描くのは苦手ですが、楽しく作れました。

ぜひ、お時間があるときに制作して、お子さまと楽しくお家で知育あそびをしてみてください。夢中になって取り組む姿に、成長を実感できると思いますよ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

二十四節気啓蟄

【春の二十四節気】「啓蟄(けいちつ)」は動物たちが目覚める...

春の二十四節気、3番目は「啓蟄」です。冬ごもりしていた虫たちが、春を感じて活動を始める頃。子供もわかる啓蟄...
小学校受験オンライン発表

大きな変化があった2021年度小学校受験を振り返る(国立編...

小学校受験もコロナの影響を大きく受けましたが、私立小学校の変化以上に2021年度の受験で驚くべき変化が起き...

コロナ禍の影響は?2021年度小学校受験を振り返る(私立編...

新型コロナウィルスの影響が様々な業界に及んでいますが、小学校受験においても今までにない大きな変化がありまし...
パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...

WRITER

海野りんご 海野りんご