2017年05月23日 公開

子ども用スペースをリビングに!アイディア4つ

子どもが小さなうちは、子ども部屋ではなくママの目が届くリビングに遊びのスペースを確保してあげたいもの。ただ、気を付けないと家族全員が過ごすリビングが散らかり放題になってしまうかも。そこで、リビングに子ども用のスペースをつくる際のアイディアをご紹介します!

子どもが小さなうちは、子ども部屋ではなくママの目が届くリビングに遊びのスペースを確保してあげたいもの。ただ、気を付けないと家族全員が過ごすリビングが散らかり放題になってしまうかも。そこで、リビングに子ども用のスペースをつくる際のアイディアをご紹介します!

リビングのコーナーを有効利用

 (52064)

Tatyana Dzemileva/shutterstock
子どもをリビングで遊ばせると、「そこまでやるか……」というほどおもちゃが散乱して、片づけるのにもひと苦労。

そんなときはリビング全体では遊ばせず、ソファセットやテレビなどを置いてデッドスペースとなった場所や、部屋のコーナー部分を有効利用するのがおすすめ。おもちゃの種類によって色分けしたカラーボックスを配置して、プレイゾーンを表すラグマットを敷けば、子ども専用のエリアが完成。子どももそのエリアが自分たちの領域であることを理解すれば、そこからはみ出ることなく遊びますし、片付けも楽ちんです。

 (52065)

Photographee.eu/shutterstock

ベビーサークルは大きなおもちゃ箱

 (49483)

小さく、一人歩きがまだおぼつかないくらいの子どもには、ベビーサークルなどのゲージで区切られたスペースをリビングの一角に設置するのがおすすめ。

ママが家事で忙しいときでも、目が届く距離で子どもを安全に遊ばせられますし、おもちゃなどが散らかってもゲージなどからはみ出ることがありません。忙しくて片づけられなくてもそのままにしておけるので、大きなおもちゃ箱としても利用できます。

お部屋の中にビニールプール⁉

 (49486)

リビングに子どものスペースを確保した場合、一番困るのがリビング全体が散らかってしまうこと。そんなとき、子ども用ビニールプールを部屋のコーナーに置いてみてはいかがでしょうか。

ある程度高さのある囲いができますので、子どもが限られたスペースで安全に遊べるのと同時に、おもちゃがプールから外に飛び出すこともありません。小さなボールをたくさん入れてあげれば、お部屋の中にボールプールをつくることもできます。

手作りテントでリビングに子ども専用スペースを

 (52066)

Photographee.eu/shutterstock
秘密基地が大好きな子どもにとって、狭くても自分だけのスペースがあるのはとても嬉しいことです。

テントは布1枚のみで仕切られたものですが、プライベート感満載で自分だけのテリトリーを確保する喜びを満喫することができます。

テントの中でも、支柱と大きな布一枚でつくれる「ティピー」はインテリアとしてもおしゃれ。おもちゃなどもテントの中に収納できるので、リビングがスッキリとします。

子どもも遊べる快適なリビングにしよう!

 (49491)

家族全員が一緒に長い時間を過ごすリビング。くつろぎの場としてだけでなく、工夫によっては、ママも安心の子ども専用スペースをつくることができます。

子どものおもちゃは増え続ける一方ですが、きれいに片づけるだけでなく、見せない収納と見せる収納を組み合わせて、ママの負担も軽減できるような楽しい遊び場をつくってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

YOUKO YOUKO