2018年04月19日 公開

保育園の新年度がはじまったよ!子どもたちの様子の巻

新年度がはじまりましたね!入園から少し時間が経ちましたが、皆さんのお子さまはいかがですか?新しい環境で過ごす、保育園の子どもたちの様子と、この時期に特に気を付けたいことを、現役保育士がお伝えします!

新年度がはじまりましたね!入園から少し時間が経ちましたが、皆さんのお子さまはいかがですか?新しい環境で過ごす、保育園の子どもたちの様子と、この時期に特に気を付けたいことを、現役保育士がお伝えします!

入園、進級おめでとうございます!

 (93852)

新学期、はじまりましたね!もう、すっかり慣れたよ~というお子さまもいれば、毎朝、涙、涙のお子さまもいるのではないでしょうか?

私がお手伝いに行っている園も、毎日、元気な泣き声とにぎやかな声、笑い声が入り混じって、これ以上はないくらいにぎやかです。

泣いている子どもの姿は切ないもので、「すみません~!」と言ってくださる親御さんもいますが、どうぞご心配なく!家族からはじめて離れるのですから、泣くのは当たり前。泣き声の大合唱に「春ですね~」と、笑い合う保育士です(笑)。

今回は、新しい環境の子どもたちの姿をご紹介します。

花開く子どもたち

 (93859)

 (93860)

 (93861)

入園、進級から1~2週間ぐらい経って、少し子どもたちも慣れはじめたこの時期は、私たち保育者にとって、今からが肝心だぞという頃合いです。

なぜなら、ちょっと緊張のほぐれた子どもたちが花開くから(笑)。

ちょっとはしゃいでみたり、わがままを言ってみたりしながら、保育者の反応を見て、どこまで許されるのかなと間合いを図るんです。

こういうときの対応は難しかったり、大変だったりするのですが、環境に慣れてきたからこその、子どもたちの行動なので、「フフフ、自分が出てきたねえ。よしよし」と心の中で、ニヤリ……とうれしくなってしまいます。

新入児も進級児もそれぞれに、新しい人間関係を作るのに全身全霊で気を張って、がんばっているんですね。

疲れが見えたら、無理せずゆっくりしましょう

入園したてや慣れ保育(慣らし保育)の間は、本当に無理をしないことが大切です。入園、進級に関わらず、2週間~1カ月後くらいに疲れが出てくるなあと感じます。

お子さまが疲れているように感じたら、遠慮なく保育園お休みしてください。慣れてる途中だからと、保育園での時間をがんばる必要はありません。

可能であればお休みしたり、少し早めのお迎えにしたりして、お子さまがゆっくり安心して過ごせる時間を作ってあげてください。

また、週末は遠出をさけてのんびりスケジュールで、たっぷりスキンシップをとるのがオススメ。心も体もしっかり休養できるようにしましょう。

ここでがんばりすぎると、いざ「ママの職場復帰!」の段階になって体調崩す……なんていう悲劇もわりとあるあるなのです。

パパママも焦らず慣れていきましょう

 (93854)

そして、大切なのは、朝はキッパリ、にっこりしながら「いってきます!」。そしてお迎えもにっこり「ただいま!」、そして「ぎゅっ!」と、抱きしめることを続けてあげましょう。

「必ずパパママは迎えにくるよ、ここで安心して待ってていいんだよ」と、メッセージを伝えてあげてください。焦らずとも子どもたちは大丈夫!慣れてくれますよ!

お子さまに前向きな言葉で伝えましょう

時々、「小さい子どもなのに、保育園に入れてかわいそうに……」なんて言葉を聞くことがあります。

確かに、家庭保育が一番、子どもが安心できるのかもしれません。でも、考えてみてください。保育園に行くと、お子さまをかわいがってくれる人が、今までの倍以上に増えるんですよ!

大体の保育園は、長時間保育なので保育士は時差出勤。担任だけでなく、他の保育士も関わります。いろいろな人にかわいがってもらえるのです。そして、対人スキルも確実に育ちます。そんなところが、保育園のいいところだなあと私は思っています。

だから「小さいのにかわいそう」ではなく、「小さいのに頑張ってるね、偉いね!」と子どもたちに言ってあげたいですね。

どうぞ、保育園で過ごせたことをいっぱい褒めて、保育園での出来事を聞いて「良かったね!楽しかったね~!」と、前向きな言葉をお子さまに言ってあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

コロナ禍の影響は?2021年度小学校受験を振り返る(私立編...

新型コロナウィルスの影響が様々な業界に及んでいますが、小学校受験においても今までにない大きな変化がありまし...
パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...

WRITER

いわいざこまゆ いわいざこまゆ イラストレーター・造形作家です。7年間の保育士勤めを経て、主に保育の専門誌や書籍でイラストやまんがを描いたり、保育のための造形やアイデアを発表しています。現在も、近所の保育園に助っ人保育士として時折出没します。著書に「まゆ先生の保育な毎日」(世界文化社)「縫わずにできる手作り衣装BOOK」(メイト)「おりがみよくばり百科」(ひかりのくに/津留見裕子・池田かえる共著)他。鹿児島県出身。神奈川在住。