2017年8月8日 公開

恐竜好きな子どもが大興奮!おすすめ恐竜絵本4選

「本好きの子どもになってほしい」と考えているパパママは多いはず。そんな方におすすめしたいのが、お子さまの好きなものが登場する絵本です。お子さまが自ら本を手に取る機会が増えるかもしれませんよ。そこで今回は、お子さまに人気の恐竜に関するおすすめ絵本をご紹介します。

知育におすすめ!大好きな恐竜が字を覚えるきっかけに

 (57653)

タイトル:ミニ版 恐竜あいうえお
著者:黒川みつひろ(作・絵)
出版社:小峰書店
お子さまが幼稚園に入園する頃になると、「早く字が読めるようになってほしい」と願うご両親も増えるのではないでしょうか。でも、お子さま自身が本に興味を持たないと、なかなか読めるようにはなりません。

そんなときに役立つのがこの絵本です。大好きな恐竜の名前と一緒に、ひらがなやカタカナも自然と覚えられますよ。

とびだす恐竜が迫力満点のしかけ絵本

 (58714)

タイトル:恐竜 新装版 大むかしの生物 (とびだし)
著者:ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(監修)、きたむら まさお(訳編)
出版社:大日本絵画
大人も思わず関心してしまうほど、ハイクオリティなしかけ絵本。
ティラノサウルスやステゴサウルスなど、子ども人気の高い恐竜たちが、今にも動き出しそうな立体感で表現されています。

絵がとてもリアルで、本当に恐竜が迫ってきているのではないかと思ってしまうくらい、迫力のある作品です。

スマホと連動。実物大の恐竜に会えるハイテク絵本

 (57691)

タイトル:ビックリ3D図鑑 ジュラシック・ワールド
著者:キャロライン・ローランズ(作)、小葉竹 由美(訳)
出版社:岩崎書店
恐竜映画「ジュラシックワールド」の公式絵本です。映画を見ていない方でも十分に楽しむことができます。

一番の魅力は何といっても実物大の恐竜に会えるということ。スマホアプリと連動させると、恐竜たちが目の前で動き出します。
実物大の恐竜と写真を撮れたり、お友達と二人で遊んだり……。楽しいしかけがいっぱい詰まった絵本です。

恐竜が好きなお子さまにはたまらないはず。

ホロリとさせられる恐竜のおはなし

 (57695)

タイトル:おまえ うまそうだな
著者:宮西 達也(作・絵)
出版社:ポプラ社
お腹を空かせたティラノサウルスの前に、赤ちゃん恐竜がやってきました。
ティラノサウルスは、「お前うまそうだな」と赤ちゃん恐竜を食べようとします。しかしそれを聞いた赤ちゃん恐竜は「ウマソウ」と自分の名前を呼んでくれたのだと勘違い。ティラノサウルスをお父さんと思い込み、なついてしまうのです。
自分のことを純粋に慕う「ウマソウ」に、ティラノサウルスもだんだん愛情を感じるようになりますが……。

映画にもなった作品。ユーモラスな絵の雰囲気とは異なり、温かくホロリとさせられるストーリーです。ラストは思わず涙がこぼれます。

恐竜絵本で本好きに

 (57740)

知育に役立つ絵本、図鑑のようなしかけ絵本、映像が飛び出す絵本、恐竜が主人公の物語絵本、と4つのタイプの作品をご紹介しました。お子さまの絵本選びの参考にしていただければ幸いです。

これらの絵本をきっかけに、お子さまが絵本好きになってくれることを願っています。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子で読みたい、いもとようこさんの絵本5選

親子で読みたい、いもとようこさんの絵本5選

和紙の風合いを活かした、やさしいタッチの絵柄が魅力のいもとようこさんの絵本。しかしほんわかした雰囲気とはうらはらに、悲しい結末や、考えさせられる絵本もたく...
世界に目を向けるきっかけに!「いもとようこ世界の名作絵本」シリーズ

世界に目を向けるきっかけに!「いもとようこ世界の名作絵本」シリーズ

いもとようこさんの世界の名作絵本は、あたたかいイラストとわかりやすいことばが魅力。親しみやすいので、世界の名作にふれるきっかけにピッタリです。そこで今回は...
文字がない絵本「スノーマン」の魅力とは

文字がない絵本「スノーマン」の魅力とは

誰もが一度は目にしたことがある魅力的な「スノーマン」。しかし、スノーマンの絵本をじっくり見たことがあるという方は意外と少ないのではないでしょうか。そこでこ...
『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

脳研究者の池谷裕二さんが、脳の発達を分析しながら娘の成長を記した「パパは脳研究者」。子どもはどうしてこんなことをするの?親はどう対処すればいい?という疑問...
親しみやすさが魅力!「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズ

親しみやすさが魅力!「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズ

私たち大人が小さい頃に、本で読んだりお話しを聞かせてもらった日本のむかしばなしは、自分たちの子どもにも絵本で読み聞かせしたいものです。中でも、いもとようこ...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。