2018年8月30日 公開

ママ友への手土産で迷ったときにはこれ!喜ばれる手土産4選

初めてのママ友のお宅訪問、一番心配なのは「どんな手土産を持って行けばいいのか」ということ。そんなときのために、間違いのない手土産の選び方をご紹介します。喜ばれる手土産のポイントや、うっかり持って行かないよう気をつけたい手土産までまとめました。

ママ友への手土産選びのポイント

主婦のカフェタイム|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (111393)

ママ友への手土産で迷った時の基本は、あとに残るものより食べ物や飲み物などの消えものを選ぶこと。特に喜ばれるのは食べやすいもの・飲みやすいもの、小さな子どもが口にしても安心なもの、そして汚さないものです。

逆にママ友への手土産では、できれば避けたほうがいいものもあります。スーパーで買ったスナック菓子1袋や、すでに開封したお菓子などのチープ感のあるものはNG。逆にあまり高価なものは、相手の方に気をつかわせてしまうかもしれません。予算は1,000円前後が無難でしょう。

また、手作りのものは衛生面を気にする方もいます。先方から頼まれない限り、避けたほうがいいかもしれません。

おすすめ手土産その1:個包装のお菓子

File:Kakitane Kitchen box 2.jpg - Wikimedia Commons (111396)

Downtowngal/ CC-BY-SA-4.0
喜ばれる手土産の代表ともいえるのが、個包装のお菓子です。特におつきあいの期間が短かったり、初めての訪問などで相手の好みがわからなったりする場合にも選びやすいでしょう。お皿の用意や切り分けの必要がなく、そのまま食べられるのでママ友の手を煩わせることもありません。

マドレーヌやクッキーなどのスイーツは定番ですが、卵や小麦、ナッツなど事前に先方のお子さまにアレルギーがないか聞いておくことを忘れずに。甘いものだけではなく、せんべいやあられなど個包装のしょっぱいお菓子もおすすめです。

おすすめ手土産その2:フルーツ

コケモモ ベリー 果物 · Pixabayの無料写真 (111399)

子どもたちが大好きなフルーツも人気の手土産のひとつ。いくつもの材料を使っているお菓子に比べると、フルーツのほうがアレルギーの心配が少なく安心でしょう。

おすすめはイチゴやサクランボ、ブドウ、ブルーベリーなど切り分けないで出せるフルーツ。また小さなお子さまがいる場合には、種がないフルーツを選んでみてください。

ただしチープ感が出てしまうので、「特売」や「お買い得」などのシールが貼ってあるものは選ばないようにしましょう。

おすすめ手土産その3:果汁100%のジュース

ランチタイム3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (111402)

手土産というと食べ物を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、飲み物も喜ばれます。飲み物の手土産の鉄板といえば、果汁100%のジュース。フルーツの優しい甘みは子どもたちに大人気なうえに、小さな子どもも安心して飲むことができます。

遊びに夢中になっている子どもたちでもこぼさず飲める、紙パックの小さい飲みきりサイズがおすすめです。

おすすめ手土産その4:ハーブティー

Tee Tea Bags Teas Benefit · Free photo on Pixabay (111405)

子ども用には果汁100%のジュース、ママ用にはハーブティーと、飲み物をミックスして手土産にするのも一案です。仕事や家事、子育てと忙しいママたちのリラックスタイムには、ハーブティーがぴったりでしょう

高級感があるのは茶葉タイプですが、簡単に飲めるティーバッグタイプのほうが手土産には適しています。ママ友がハーブティーを好んで飲むかがわからないときは、万人受けしやすいミントティーかカモミールティーをセレクトするのが無難です。

手土産を渡すときにはひと言添えて

ママ友に喜んでもらいたいと思って選んだ手土産は、その気持ちをひと言添えて渡しましょう。

「今が旬で、種もないから子どもたちにも食べやすいと思って」「ハーブティーにはリラックス効果があるから」など、ぜひ伝えてみては。ちょっとしたものでも、気持ちがこもっている手土産には相手をハッピーにする力がありますよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

オランダの学校連絡とママ友はSNSやアプリをフル活用!

オランダの学校連絡とママ友はSNSやアプリをフル活用!

遊ぶ約束、園や学校のこと、地域やイベントのこと、習い事のことなど、ママ友と連絡を取る機会は案外多いもの。筆者の住むオランダのママ友とのやりとりの仕方と、学...
【小1から英検チャレンジ】Vol.2 ”英語耳”を育てる「かけ流し」

【小1から英検チャレンジ】Vol.2 ”英語耳”を育てる「かけ流し」

娘のミヤピーは小1で英検3級に合格し、小2になった今は2級合格を目指して親子で勉強中です。そんなママミーヤ親子の英語学習の取り組みを紹介する連載2回目は、...
ワーキングメモリとは?幼児期から鍛える方法とその効果

ワーキングメモリとは?幼児期から鍛える方法とその効果

脳科学の研究のみで使用されることが多かった「ワーキングメモリ」というキーワード。ビジネスや子どもの発達といった分野でも、最近注目を集めていることはご存じで...
くるみ割り人形のあらすじは?絵本の世界とバレエ組曲の違い

くるみ割り人形のあらすじは?絵本の世界とバレエ組曲の違い

童話・バレエ組曲で知られる『くるみ割り人形』。あらすじを説明できる方は少ないのではないでしょうか。原作名は『くるみ割り人形とねずみの王様』。これを元にチャ...
正しく扱えないと危険!子どもに傘の開き方・たたみ方を教えよう

正しく扱えないと危険!子どもに傘の開き方・たたみ方を教えよう

3歳くらいになると、子どもも自分で傘を持てるようになります。しかし傘は先端がとがっていて長さもあるため、間違った扱い方をすると大変危険です。はじめて傘を持...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。