2019年1月11日 公開

ファイルボックス活用!子どもが自ら片付けられる絵本収納のコツ

どんどん増えていく絵本たち。自由に取り出して好きな時に読んで欲しいけれど、上手く片付けられなくて、絵本が棚の中でドミノ倒し……なんてことも。そこで、子どもが簡単に片付けられる、倒れない絵本収納をファイルボックスや100均グッズを使って作ってみました。

気づけばいつも本棚の中でドミノ倒しの絵本たち……

via photo by author

via photo by author
きれいに絵本を並べても、子どもが絵本を出して読むうち、気づけばドミノ倒しに。さらに、子どもが読んだ絵本を倒れた本の上に載せてしまうため、どんどん積み重なって重たくなり、読みたい本が取れなくなって、ご機嫌斜めになってしまう……。我が家では、こんな負のスパイラルがよく見られるようになりました。

同じような悩みをもたれている方も多いのではないでしょうか?

ファイルボックスで絵本収納に挑戦

絵本収納にまつわる悩みを解消するため、我が家で取り入れたのがファイルボックスを使った収納です。ファイルボックスを買ってきて、絵本とボックスにラベリングして、「戻す場所」を決めてあげるだけ。これで、大きさの違う絵本もスッキリと収まりますし、本が倒れて大惨事になることもなくなりました。

我が家で取り入れた方法をご紹介しますので、絵本収納にお悩みの方はぜひ取り組んでみてください!

準備するもの

via photo bu author
・ファイルボックス(ハーフサイズ)
・マスキングテープ

筆者は、無印良品で販売されているファイルボックスを使いました。これは白色のボックスですが、半透明のものも、絵本の背表紙が透けて見やすくなるのでよさそうです。ニトリにも同様のボックスが売られているので、お好みで準備してください。

マスキングテープは、絵本の背表紙に貼って分類するのに使います。本屋さんや図書館では丸いシールを貼って分類していることもありますが、それだと本に跡が残ることがあるので、マスキングテープの方が安心です。絵本の背表紙に貼っても柄がわかるよう、淡い色柄よりもはっきりした色柄のものを選びましょう。

絵本をざっくりと分類し、マステを貼る

via photo by author
キレイに片付いた状態をキープするために、「絵本を戻す場所」を決めます。「音がなる絵本」「仕掛けのある絵本」「大きい絵本」「小さい絵本」など、分類は何でも構いません。ポイントは、ファイルボックス満杯に詰め込まないことです。スペースがもったいないと思うかもしれませんが、今後増えることや取り出しやすさを考えると、50~80%の収納にしておくといいと思います。

グルーピングできたら、ファイルボックスと絵本にお揃いのマスキングテープを貼りましょう。これで、絵本収納は完成です!どこを取り出しても、ドミノ倒しになることはありません。

via photo by author

片付けのルールは、ざっくりと

via photo by author
子どもにも楽しくお片付けしてもらうためには、ざっくりとしたルールにすることをおすすめします。今回の絵本収納であれば、「決まったボックスの中に入っていれば、絵本の向きは気にしない」ことにしました。投げ込んであってもOKです。絵本を戻す作業は大人にとっては簡単でも、子どもには結構難しいです。このくらいのゆるいルールにしておけば、子どもも親もストレスなく過ごせると思います。

ファイルボックスで絵本収納をするメリット

via photo by author
ファイルボックスで絵本を収納すると、たくさんのメリットがあります。

1:絵本が倒れない
ファイルボックスで小分けにすることで、絵本が倒れるのを防げます。絵本が倒れると柔らかい表紙の本は重さで曲がってしまうこともあるので、絵本保護のためにもいいですよね。

2:子どもが楽しんで片付けられる
同じマークのところに片付けるというルールにすることで、子どもが楽しんで片付ける仕組みが作れます。 お子さまと一緒にルールを決めると、納得して片付けてくれますよ。

3:低月齢の子が引き出してしまうことを防げる
ファイルボックスを使うと、前面に覆いがある状態なので、絵本を取り出すときには「つまんで、引き上げる」という動作が必要になります。ある程度大きくなった子どもでないと取り出すのが難しいので、赤ちゃんが引っ張り出してなめたり破ったりすることを防げます。特に下のお子さまが小さい場合は、ぜひ取り入れてほしい収納方法です。

4:他のおもちゃ収納にも応用できる
同じ方法で、ファイルケースに入れたパズルやお絵かきセットなども収納できます。立てて収納することで、スペースを有効活用できますし、子どもが取り出しやすい環境を作れます。

絵本倒れの防止には、100均のファイルスタンドもおすすめ

via photo by author
「ファイルボックスでグルーピングするほど絵本の数がない」という場合や、「赤ちゃんでも簡単に出し入れできるようにしてあげたい」という場合は、100均のファイルスタンドがおすすめです。上から見ると「E」の形になっている形状のものです。

本棚にこのファイルスタンドを置いておけば、絵本が倒れるのを防ぐことができます。ブックエンドだと絵本の重みに負けて用をなさないこともありますが、これなら大丈夫です。我が家も、冊数が少ないときはこのグッズに助けられました。

via photo by author

少しの工夫で、子どもに優しい絵本収納を

絵本好きの子どもになってもらうためにも、絵本は取り出しやすく、自分でしまえる環境を作ってあげたいですよね。

今回ご紹介した方法を取り入れて、子どもが使いやすい絵本収納にしてみませんか。子どもが自分で片付けられるようになると、パパママのストレスもぐっと軽減されますよ。

絵本収納を見直して、おうちでの読書時間をもっと楽しいものにしてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

工作材料のスッキリ&ラクちん収納方法

工作材料のスッキリ&ラクちん収納方法

折り紙やマスキングテープ、紐、文房具など、細々とした工作の材料の収納に困っていませんか?あれもこれもといつの間にか増える工作材料の収納方法をご紹介します!...
サイズがばらばらの絵本を上手に収納!アイデア 5選

サイズがばらばらの絵本を上手に収納!アイデア 5選

絵本は、子どもにとって最良の知育アイテムです。ぜひ、たくさん読んで欲しいですよね。でも、どんどん増えていく絵本はサイズがばらばらで、収納に悩んでいる方も多...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
かわいい手作り「お子さまランチの旗」でごはんの時間がワクワク!

かわいい手作り「お子さまランチの旗」でごはんの時間がワクワク!

旗付きお子さまランチプレートは、子ども心をくすぐる人気のメニューですよね。旗があるだけでなんとなくワクワク♪そんな気分をおうちでも楽しめるよう、お子さまラ...
【保育士が教える】簡単!マスキングテープで成長をお祝い&お楽しみ作り

【保育士が教える】簡単!マスキングテープで成長をお祝い&お楽しみ作り

お子さんのお誕生日やこどもの日など、パパママも一緒に、お子さんの成長を喜びあう機会にしたいものですね。そこで、ちょっとひと手間かけて、マスキングテープを使...

WRITER

海野りんご 海野りんご  宮崎県在住の新米ママです。関西の国立大学卒業後、大阪で就職。結婚を機に宮崎に戻り、フリーライターとして活動。2017年5月に出産し、育児に試行錯誤中!同じ悩み・疑問を抱えるママたちの役に立つような記事が書けるよう、日々アンテナを張っています!