2017年10月18日 公開

家庭の教育方針は決めるべき?わが家の決め方・考え方

日常生活のルールはあっても、教育方針を明確に定めている家庭は少ないかもしれません。でも、幼稚園や小学校受験では、願書へ教育方針を記述する欄があったり、面接で聞かれたりすることも。教育方針は、子どもの教育において何を大切にするかの指針になります。家庭の教育方針を決めるメリットと、わが家の教育方針をご紹介します。

家庭の「教育方針」って決めていますか?

 (68326)

Chinnapong / Shutterstock.com
家庭の「教育方針」というと壮大な感じがしてしまいますが、難しく考えすぎる必要はありません。どのご家庭でも、「友達を大切にできる子になって欲しい」「強い子に育って欲しい」「思いやりのある子に育って欲しい」といった願いがあると思います。そういった願いや、願いをかなえるための手段を、わかりやすい言葉で定義したものが家庭の「教育方針」になります。

家庭の「教育方針」を決めておくメリットとして、次のようなことが挙げられます。

家族で教育について話し合うきっかけになる

 (68331)

VGstockstudio / Shutterstock.com
1つ目のメリットは、家庭の教育方針を決めるとき、家族で子どもの教育に関する話し合いができるということです。

家庭の教育方針が夫婦で大きく違うと、「お父さんとお母さんで言うことが違う」と、子どもが混乱することがあります。

また、家族それぞれの教育に対する考え方がよくわからないままだと、教育に関する「選択」に直面するたびに、ケンカになってしまう可能性も高くなります。

あらかじめ家庭の教育方針について話し合い、それぞれの考えを理解しておくことで、いざ小学校や中学、高校、習い事を選択するときが来ても、前向きな話し合いをしやすくなりますよ。

教育の判断基準になる

 (68332)

Andy Dean Photography / Shutterstock.com
幼稚園、小学校受験はさせるのか、習い事に行かせるのかなど、子どもの教育は選択の連続です。

何かを決めるときに家庭の教育方針がはっきりしていれば、それに照らし合わせて判断をすれば良いので、不必要に悩まずに済みます。また、「何となく良さそう」といった理由で選んでしまい、後悔するといったことも避けられます。
また、幼稚園や小学校の受験では、願書へ教育方針を記述する欄があったり、面接で聞かれたりすることも。名門校を目指す、いわゆる「お受験」でなくとも、家庭で教育方針をどのように持っているか問われるシーンは意外とあります。面接の機会があるときに、改めてじっくり考えてみてもいいでしょうが、いつ聞かれても、答えられるようにしておくと安心です。

家庭の教育方針はどうやって決める?

 (68334)

Tiko Aramyan / Shutterstock.com
家庭の教育方針を決めるときは、「幼稚園受験をする、しない」といった具体的な選択についてではなく、「子育てで目指すゴールは何か」という大枠から考えてみるのがおすすめです。

ゴールが決まったら、次に「そのゴールに向かうために必要な力」は何かを考えます。

最後に、その「必要な力」を育てるために、どんな方法があるのかを検討しましょう。

「子育てで目指すゴール」「ゴールに向かうために必要な力」「必要な力を育てる方法」という3点にブレイクダウンしていくことによって、家庭の教育方針を明確なものにできます。全ての項目が一致しなくてもかまわないのですが、家族で「子育てのゴール」については、同じビジョンを共有しておきたいですね。

多くの場合、家族で争いの種になるのは最後の「育てる方法」についてです。皆育った環境も考え方も違いますから、良いと感じる教育方法が異なるのは無理もありません。

でも、目指している「子育てのゴール」は同じだという意識があれば、相手の思考や価値観を否定することなく、互いの選択のメリットやデメリットについて、建設的に話し合うことができるのではないでしょうか。

わが家の教育方針

 (68335)

ANN PATCHANAN / Shutterstock.com
2人の娘がいるわが家の教育のゴールは、「精神的・経済的に自立した大人になること」としています。

そのために必要な力は、「健康な身体」「折れない心」「気持ちを切り替える力」だと考えており、その力を養うために、「体を動かす機会を増やす」「ポジティブな言葉がけをする」「さまざまな経験をさせる」といった方法を採っています。

教育のゴールとしている「自立」は、ただ仕事を持って社会人になるということだけではなく、「他人や環境のせいにせず、自分の課題は自分で解決できる」という意味を含んでいます。

困難な状況に陥った時、他人を責めたり、誰かが助けてくれるのをただ待ったりするのではなく、解決方法がないか考え抜き、援助が必要なら素直に手を挙げて、どうしようもないのなら自分の気持ちや考え方を切り替えられる、そんな強くてしなやかな人に育って欲しいと思っています。

わが家でも、夫婦でどんな方法を選択するか、意見が食い違うことはよくあります。そのたびにこのゴールに立ち返り、目指す方向は同じなのだから、どちらの選択がより適しているかを前向きに話し合うようにしています。

家庭の「教育方針」を決めるにはまず夢を話し合おう!

 (68337)

Sunny studio / Shutterstock.com
長きに渡る子どもの教育は、広大な海に船を出して遠出をするようなもの。目的地が定まらなければ、航路を決めることもできません。

だからこそ、まずは教育手段(航路)ではなく、教育の目的(ゴール)を家族で共有することが大切だと感じています。

ゆっくりと家族で話し合う機会が作れれば理想的ですが、日々の会話の中から、少しずつ向かうべき方向を見定めるという方法もあります。子どもの成長に応じて、目的地や養うべき力を修正したり、子ども自身に話し合いに参加してもらったりすることも必要だと思います。

「家庭の教育方針を決めなくちゃ!」と難しく考えすぎず、まずは「どんな大人に育って欲しいのか」という夢を、家族皆で話してみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
金銭教育はなぜ必要?金融リテラシーを鍛えるわが家の方法

金銭教育はなぜ必要?金融リテラシーを鍛えるわが家の方法

日本ではタブー視されがちな「お金の話」。でも世界を見渡せば、幼稚園のころから金融リテラシーを鍛える教育を行っている国も少なくありません。今回は、わが家が金...
子どもの「折れない心」を育てるには?インドで筆者が学んだこと

子どもの「折れない心」を育てるには?インドで筆者が学んだこと

塾や習い事、子ども社会での人間関係など、ストレスを感じやすい毎日を生きる現代の子どもたち。困難な状況でも自分らしさを忘れず、しなやかに生きる力を身につけて...
子育てのイライラはどこで発散する?夫婦喧嘩に発展しないストレスの解消法

子育てのイライラはどこで発散する?夫婦喧嘩に発展しないストレスの解消法

家事に育児にと忙しい毎日、ついついイライラしてしまうこと多いですよね。そんな日々のイライラが募って夫婦喧嘩に発展してしまうこと、ありませんか?無駄な夫婦喧...
【留守番と防犯対策】小1になる前に教えておきたいこと

【留守番と防犯対策】小1になる前に教えておきたいこと

小学生になると、子どもが1人で留守番をしなければならない場面が増えてきます。子どもが安全に過ごすためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。小...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!