2020年12月25日 公開

伝統的フランス流クリスマス!お洒落で豪華なおうち時間で今年は特別な一日に!?

みなさん、今年のクリスマスはどう過ごされましたか?今年のクリスマスはコロナ感染予防のため、家族とおうち時間…

みなさん、今年のクリスマスはどう過ごされましたか?今年のクリスマスはコロナ感染予防のため、家族とおうち時間を楽しむ人が多かったでしょう。フランス人はクリスマスを恋人とではなく家族と一緒にホームパーティをします。せっかくだから海外でのクリスマスの過ごし方を知ってみたくありませんか?来年は海外の文化を取り入れるのも良いかも。在仏10年超の筆者が、フランス人の親戚と毎年過ごす伝統的なフランス式クリスマスを紹介します。

食事を始める前に、なんと4時間?!のアペリティフタイム

アペリティフ
フランス家庭の多くは24日のクリスマスイブの夜に大きな食事会、25日の朝に子供たちがサンタクロースからのプレゼントを開きます。

私の親戚は大家族なので、集まるメンバーの都合により大きな食事会を24日に開く場合と25日にする場合があります。食事会の前にはアペリティフ(食前酒)としておつまみを食べながらシャンパーニュで乾杯です。

通常、レストランでのアペリティフはメニューを選びながら食欲が増すようにお酒を一杯飲みます。フランスでは普段のホームパーティのアペリティフだけで2~3時間に及ぶことがあるのです。

クリスマスでは夕方16時くらいに集まり始めて、飲んだりおつまみを食べたりしている間にメンバー全員が少しずつ集まるのを待ちます。18時頃に、やっと全員が集まり、20時頃まで続きます。食事前のアペリティフタイムは毎年4時間くらいかかるのです!

アペリティフに出されるのはカナッペと呼ばれるおつまみで、クラッカーやフランスパンを小さく切ったものにスモークサーモンやチーズなどをのせます。クリスマスは一年で最も重要な集まりなので、高価なシャンパーニュを飲むことが多いです。比較的安価なスパークリングワインでも十分に雰囲気を盛り上げられるでしょう。

私の親戚はフランスの中心部、ロワール地方出身なのでそこで有名なVouvrayというスパークリングワインで乾杯をします。4時間かけなくても、30分くらい夕食の前に家族とお酒を飲みながら今年一年を振り返ってみると一味違ったクリスマスになるでしょう。

5時間以上!のフレンチフルコースのクリスマスディナー

レストランではアペリティフと食事は同じテーブルで行う場合が多いですが、フランスのホームパーティではそれぞれ別の場所で行います。アペリティフではソファにくつろいでおしゃべりをしながらお酒を飲み、その後テーブルに移って食事を始めるのです。

クリスマスでは、結婚をして家族が増えると、全てのメンバーがひとつのテーブルに入りきらないので、アペリティフタイムで挨拶だけをする親戚と食事を共にする親戚に分けます。

20時頃に、食事を共にする親戚の家へ移動して、21時頃にやっと、待ちに待った夕食のスタートです。大人と子供は別のテーブルが用意されています。大人たちがあまりに長時間飲んだり食べたりするので、ある程度食べた子供たちは、別の部屋で遊び始めて良いことになっているのです。(テーブルマナーがうるさいフランス家庭では食事中に子供が席を外すと日本より厳しく怒られます。)

フランス一般家庭のクリスマスディナーは前菜・メイン料理・チーズ・デザートからなるフレンチフルコースです。ここでは私のフランス人の親戚が用意する豪華なコース料理を紹介します。

前菜が一皿では終わらない特別ディナー

牡蠣

フォアグラ
フランス人は牡蠣を生で食べることが多く、高価なこともあり、冬のごちそうになっています。クリスマスでは生牡蠣を1ダース(12個)前菜の一皿として食べるのです!生牡蠣が好きではない人や、食欲旺盛な人は蒸しエビやスモークサーモンを食べます。

二つ目の前菜はフランスの高級食材の代表格、フォラグラです。これはソーテルヌという甘口ワインとあわせて食べます。一般的なフランス人家庭でも日常的にフォワグラを食べるわけではなく、特別な食材なのです。そして、フランス人の子供たちは3歳くらいからフォワグラの味を覚えていきます。

メインディッシュ魚料理と肉料理の間に気合いを入れるための一品?!

ホタテグラタン

一皿目のメインディッシュはホタテなどの魚介類です。ホタテの貝殻を器にした魚介類のグラタンなどが定番です。

そして次の肉料理に入る前に食欲増進させるために、カルバドスというアルコール度数が高い蒸留酒をかけたシャーベットを一口食べます。アルコール度数が高いお酒で胃腸が刺激され、次のお皿への食欲が出るそうです。

そして二皿目の肉のメイン料理は七面鳥を食べる家庭が多いですが、私の親戚はイノシシなどのジビエと呼ばれる肉料理を食べます。昨年は親戚の一人が自ら仕留めたイノシシを食べました。メイン料理のソースは各家庭のこだわりがあり、何時間もかけて仕込みをして作られます。

メインディッシュが終わってもまだまだ食事は続く

デザート

デザートの前にはチーズ各種。シェーブル、コンテ、カマンベールなど様々な種類のチーズが出されます。日本で輸入のチーズは高価でなかなか食べられませんが、クリスマスの特別ディナーでは一種類くらい味見してみても良いでしょう。

デザートはブッシュドノエル。その後も小さな焼き菓子やチョコレートも出され、子供たちはこの時間を待っていました、とばかりに飛びつきます。その後夜中の1時~2時まで飲み続け、食べ続け、子供たちもこの日だけは夜更かしを許されるので大興奮です。

すべての食材を日本で揃えるのは大変かもしれませんが、手に入る範囲でフレンチフルコースのディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

子供にサンタクロースを信じ込ませる情熱がすごいフランスのクリスマス

プレゼント

子供たちにとっての最大の楽しみはサンタクロースからのプレゼントです。大人たちはどうやったら25日の朝までに絶対に見つからない場所へプレゼントを置くか、必死に考えます。子どもたちは24日のパーティが始まる前にモミの木の下にサンタクロースへねぎらいの為のみかんなどのフルーツとコップに入れたミルクを用意します。

そして、24日のどんちゃん騒ぎの後、子供たちが寝静まってから大人はこっそりモミの木の下にプレゼントを並べるのです。フルーツはまるでサンタクロースが食べたかのようにみかんの皮を残し、ミルクも飲み干したようにコップを置きます。

25日の朝、子供たちがワクワクしながら起きてきて、「サンタさんが来てくれたー!」と大喜びするのです。家庭によっては24日、子供たちが眠る前に鈴を鳴らして、サンタがそろそろ来そうだと演出をします。「眠らないとサンタクロースはプレゼントを置いてくれないよ」と大人に言われると子供たちは興奮しながらもベッドにつくのです。

リモート映えする今年のおうちクリスマス

クリスマスツリー

フランスでは本物のモミの木を飾る習慣があり、11月下旬から街の至る所に立派なクリスマスツリーが置かれます。家庭でもふんわりと本物のモミの木の香りがして、心地よいです。モミの木ではなくても、家庭にある植物に飾りつけをしても良いかもしれませんね。

アペリティフやスパークリンツワイン、フレンチフルコースなどフランス流の準備をして、オンラインで友人とクリスマスホームパーティをしたらリモート映えする事間違いなしです。きっといつもと違ったクリスマスになるでしょう。皆さんもどうか心が温かくなるようなクリスマスを過ごせますように!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

KEYWORDS


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/chiik/chiik.jp/public_html/wp-content/themes/chiik/inc/main-function.php on line 143

WRITER

野島織絵 野島織絵 フランス在住、7歳児の母。成城大学卒。カナダ、アメリカ、フィリピンなど英語圏でホームスティや留学を経験。パリにあるソルボンヌ大学にてフランス文明講座を学んだ後、フランス人との結婚を機会にフランス長期滞在ビザ取得。娘は日本語とフランス語のバイリンガルなので、今後は英語に力を入れてトリリンガル教育を目指す。在仏10年超の経験を活かして様々なフランス文化について発信中。