2019年10月06日 公開

日本地図パズルの選び方とおすすめ商品5選

日本地図パズルは、遊びながら地理の学習もできる優れもの。色や形、大きさもさまざまな商品が販売されています。なかでも学習効果が見込める日本地図パズルは、どのように選べば良いのでしょうか?日本地図パズルの選び方のコツと、人気商品を5点ご紹介します。

           
[no_toc]

日本地図パズルは、遊びながら地理の学習もできる優れもの。色や形、大きさもさまざまな商品が販売されています。なかでも学習効果が見込める日本地図パズルは、どのように選べば良いのでしょうか?日本地図パズルの選び方のコツと、人気商品を5点ご紹介します。

Chiik!でオンライン習い事

無料モニター生募集中!

日本地図パズルを選ぶポイント

 (134838)

日本地図パズルは選び方を間違えてしまうと、単なるパズルとして遊ぶだけで、なかなか日本地図が頭に入ってこないこともあります。では知育効果を期待できる日本地図パズルとは、一体どのようなものでしょうか。商品選びのヒントをご紹介します。

ピースのサイズができるだけ大きいもの

ピースのサイズが大きければ大きいほど、インパクトも大きく、認識しやすくなります。パズル遊びは、まず視覚からパズルの形をとらえて覚えていくもの。視認性を高め、都道府県の形を目で見て触って知覚できるように、ピース一つひとつが大きめのものを選びましょう。

月齢にあった安全な素材のもの

小さなお子さまは、目についたものをすぐ口に入れたがります。破片を飲み込んだり、舐めたりしてしまう可能性もあるので、素材選びには慎重になりましょう。天然素材のひのきでできている木製のものや、抗菌加工がされている丈夫な素材の商品がおすすめです。

ただし木製でもプラスチック製でも、パズルに傷がついていると指を怪我してしまう恐れがあります。購入したあとは、まずパパママが手にとって安全確認をしてあげてください。

都道府県名以外のことも描かれているもの

都道府県名の他に、県庁所在地や名産品などが一緒に書かれているものならば、いくつかの情報を関連付けて覚えられます。イラストが描かれたものなら飽きにくく、長い期間遊んでくれるでしょう。

日本地図パズルおすすめ5選

 (134327)

商品名:くもんの日本地図パズル
販売元:くもん出版

子どもの手で掴みやすい形状になった、くもん出版のパズルです。最初のうちは地方ごとで色分けされた「基本ピース」から、色をヒントにしてはめていきます。これを繰り返しているうちに、子どもは都道府県の色でなんとなく位置を覚えていくはず。次はすべてのピースが同じベージュ色をしている「発展ピース」で遊んでみましょう。

色分けでのヒントがないぶん、ぐっと難易度が上がるところがポイント。どこを覚えていて、どこが苦手なのかを自覚できます。子どもの習熟度によって段階が選べるため、長く遊べるでしょう。

 (134330)

商品名:学研の遊びながらよくわかる 木製パズル日本地図
販売元:学研

ポップな色合いがかわいらしいだけでなく、都道府県の形を一つひとつ覚えやすくした工夫が嬉しい商品です。たとえば奈良県なら「くつしたならならけん」のように、県の形が靴下に似ていること、そして靴下の名産地であることを教えてくれます。「あまいいちごみたいなとちぎけん」など短歌のような一文なので、リズミカルに読んであげたら幼児でもすぐ覚えられそうです。

都道府県名にはふりがながふってあり、読み方もあわせて覚えられます。名産品や名所なども描かれているので、小学生の社会のテストなら十分に役立つでしょう。

 (134313)

商品名:47ピース 子供向けパズル にほんの47とどうふけん【ピクチュアパズル】
販売元:アポロシャ

各都道府県の著名人、名産品、食べ物などがイラスト付きで丁寧に描かれています。ぎっしりと情報が詰まっているため、パズルをはめ込んだ状態で眺めるだけでも楽しめるでしょう。B2サイズで小さな手でも握りやすく、ひらがな表記で幼児にも安心の商品です。

低価格でありながら、台紙にはしっかりと県庁所在地も書かれてあるなど、コストパフォーマンスに優れています。

 (134325)

商品名:大きな日本地図パズル
販売元:幻冬舎エデュケーション

パズルを4枚組み合わせることで95×75cmの大きな日本列島ができあがり、見やすくパズルゲームとしての達成感も十分。イラストはややシンプルですが、県庁所在地に加えて都道府県の花や鳥、名物や産業まで描かれています。子どもっぽすぎないデザインなので、成長しても使えそうです。

 (134343)

商品名:パズルでチャレンジ! 都道府県
販売元:株式会社一電着植毛所

ピースを台座にはめ込むタイプは、県境の微妙なズレにより合わせにくいものもあり、小さな幼児には難しいかもしれません。マグネット式の商品なら、1歳くらいからでも楽しめそうです。地方ごとに色分けされているため、子どもでも認識しやすいところがポイント。県庁所在地に加えて名産品もイラスト付きで紹介されていて、遊ぶたびに新しい発見があります。

日本地図パズルを上手に活用しよう

パズルは手先と頭を使う知育玩具として、昔から親しまれています。ただしどんな知育玩具も、子どもが興味を持てなければあまり意味はありません。子どもの年齢に合ったアイテムで、繰り返し楽しく遊ぶことがとても大事です。ぜひクイズを出しながら、パパママも一緒に遊んでみてください。

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

NORIKO NORIKO