2017年6月18日 公開

学んだことがかたちにのこる幼児検定にチャレンジしよう!

小学校入学前に、幼児向け検定にチャレンジしてみませんか?努力したことが合格証など結果としてかたちに残るため、、子どもにとって嬉しいものですし、自信にもつながるでしょう。幼児向け検定の種類とそれぞれの特徴、対象となる年齢や出題傾向などを紹介します。

幼児検定を受けるメリットと注意点

「子ども 受験」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (51331)

検定受検のメリットは、子どもの力だめしになること、はっきりとした目標を持てること、合格すれば子どもの自信につながること、また次の挑戦目標を持てるという点などです。

とはいえ、不合格の場合は逆に自信を失ってしまう可能性も。ですから幼児検定は、親が無理に受けさせるのではなく、子どものやる気をみながら、興味のある分野に挑戦するのがおすすめです。

親がさりげなく検定のことを話してみて、子どものやりたい気持ちを尊重させてあげましょう。親が子どもの実力を誉めてあげると、子どももやる気を出す可能性があります。

受験してみよう、となったら検定対策として過去問題にもチャレンジしてみましょう。

算数の基礎「かず・かたち検定」

 (51334)

「かず・かたち検定」は実用数学技能検定の階級のひとつで、幼児を対象とした算数検定です。

検定はゴールドスター、シルバースターの2種類があり、検定時間は40分、15問中10問正解で合格です。
はじめての子どもはシルバースターからがおすすめ。「5」まで数えられる子どもが対象となります。

過去には、飛行機のイラストを見て数を書く、イラストを見て数が同じものを線で結ぶ、数の大小比較、一番多いグループの選択、2番目の人に丸を付ける、といった問題が出題されました。

検定受験を通して、遊びに役立つかず・かたちの理解や規則を見い出す力をはかることができます。

リスニング力を試す「英検Jr.」

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (51337)

英検は小学生以下からでも受けることが可能で、2016年度には約37万人の子どもが受験しました。

中でも英検Jr.は英語学習の入門期に大切とされているリスニング力をはかるテストですので、幼児期の子どもにもおすすめです。
英検Jr.は「育成型ゲーム感覚」のリスニングテストで、英語を聞いてそれに合ったイラストなどに丸をつけるなど、子どもが楽しく取り組める工夫が盛り込まれています。

階級はブロンズ、シルバー、ゴールドのレベルに分かれており、最も初歩的なブロンズでは40問約30分のテスト構成となっています。
また、判定通知を合格・不合格ではなく、正答率で表示するのも特徴で、がんばった子どもには上の進級の目安を示して通知されるので、次の目標を立てることが出来ます。

検定の目的は、「英語でのコミュニケーションを楽しむこと」。子どもが英語に興味を持つきっかけとなる検定です。

イラストから学ぶ「国連英検ジュニア・テスト」

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (51340)

国連英検ジュニア・テストでは、イラストを使って英語に親しみ、楽しみながら学ぶことを尊重しています。E~Aコースまで用意されており、実力に合わせて少しずつステップアップしていくことが可能です。

はじめて受験する場合はEコースからのスタート。問題の出題方法は、英語を聞いてそれに合ったイラストを色鉛筆で答えるというもの。例えばEコースでは、動物、植物など身近なものが登場します。出題数は25問、回答時間は30分です。
単語をきちんと聞き取って理解する能力が求められます。

英語の学習を通じて、日本語とは違う言語があることを知り、子どもが興味・関心の幅を広げていくことを目的としている検定です。

右脳を使った計算力「珠算検定」

 (51343)

かつて子どもの定番検定だった珠算検定は、右脳教育によいといわれ、再び注目されています。
「そろばん」をはじめる年齢に制限はありません。小学校前の子どもでも習うことができます。

まずは10級からのスタート。かけ算やみとり算が出題されます。受験時間は20分、200点満点中60点以上で合格です。

そろばんの一番のメリットは、計算力や集中力が身に付くこと。継続させるためには、受験することで子どものやる気を引き出してあげることが大切です。

また最近は、フラッシュ暗算検定(パソコンに数字が表示され、右脳を使って素早く計算する方法)も登場しました。

パパママのフォローでやる気を引き出そう

幼児向け検定を受けさせるには、やはりパパママのフォローも大切です。嫌がっていたら無理に受けさせないこと、そして、ほめてやる気を引き出してあげるのが上手くいくためのポイントです。

合格したらもっとほめてあげて、子どもの自信につなげていきましょう。子ども向け検定にもいろいろな種類がありますから、子どもにあったものを選んであげてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

やってて良かった!?くもん式!くもん式で育った子のその後

やってて良かった!?くもん式!くもん式で育った子のその後

東大生がやっていたならいごと学習塾編で1位に選ばれたことで注目を浴びているくもん式。共働きが増えて、自分で見てあげられない分できればうちの子にも、と考えて...
なぜ?算数は嫌いなのにそろばんは好き!魅了された理由とは?「ごんどうまゆのハハコイク」第34回

なぜ?算数は嫌いなのにそろばんは好き!魅了された理由とは?「ごんどうまゆのハハコイク」第34回

昔から不動の人気を誇る習い事のひとつ、そろばん。電子機器で簡単に計算ができる現代なのに、そろばん教室に通う子どもたちは後を絶ちません。それは、そろばんに計...
国立小学校に入学するには?受験対策やスケジュールなど

国立小学校に入学するには?受験対策やスケジュールなど

国立小学校への受験を検討しているという家庭も多いのではないでしょうか?私立小学校とは異なり、選考過程に「抽選」があるなど、国立小学校は独特の受験スタイルを...
ピアノを習わせるのは何歳から?メリットと必要な準備とは

ピアノを習わせるのは何歳から?メリットと必要な準備とは

子どもの習い事人気ランキングの常連といえば、ピアノ教室があげられます。ただしお子さまが小さいと、何歳からレッスンをスタートさせたらいいのか迷ってしまうかも...
幼稚園・小学校のならいごと。いくらまでかける!?【今すぐできる家計管理術】第8回

幼稚園・小学校のならいごと。いくらまでかける!?【今すぐできる家計管理術】第8回

ならいごと費は無計画に決めてしまうと、後から大変な目に合う原因にもなりかねません。幼稚園・小学校のお子さまをお持ちの方の家計とならいごとの事情を調べてみま...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!