2016年08月14日 公開

みんな大好き「グミ」を手作りしてみよう!

「グミ」ってお子さまが大好きなお菓子ですよね。お店にもさまざまな形や味・食感のグミが売られています。ところで「グミ」って簡単に手作りできること、ご存知でしたか?手作りすれば添加物などの心配もなく安心です。グミの作り方やアイデアをご紹介します。

「グミ」ってお子さまが大好きなお菓子ですよね。お店にもさまざまな形や味・食感のグミが売られています。ところで「グミ」って簡単に手作りできること、ご存知でしたか?手作りすれば添加物などの心配もなく安心です。グミの作り方やアイデアをご紹介します。

「グミ」ってそもそもどんなものなの?

グミ5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (14285)

グミとは果汁などをゼラチンで固めたお菓子のことで、その名の由来はドイツ語のGummi(「ゴム」の意)からきています。
子どもたちが柔らかいものばかり食べるようになり、歯を強くするために作られたそうです。
クマや渦巻き、フルーツなどさまざまな形があり、色もカラフルで楽しくなりますね。

材料であるゼラチンのほとんどの成分はコラーゲンですので、日本ではコラーゲンがたくさん入っていることを謳い文句にした商品もあります。

おうちで簡単にできる!グミの作り方

手作りグミ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (14288)

無料の写真: ケーキ, フルーツ, グミ, デザート, 甘い, 赤, 緑, 黄 - Pixabayの無料画像 - 113606 (14289)

グミの作り方は簡単。
ジュースに砂糖とゼラチンを入れ、型に流し込んで冷蔵庫で冷やし固めるだけです。
ゼラチンの量によってソフトグミからハードタイプのグミまでお好みの固さにすることができます。

ジュースは濃いめのほうができあがりがおいしくなります。
リンゴやオレンジ、グレープなど色の違うもので作るとカラフルで楽しいですね。カルピスを使うのもおすすめです。

使用する型は、シリコン製の氷やチョコレートを作る型が使いやすいです。
さまざまな形のものがありますし、できあがりの取り出しがしやすいです。

お子さまがグミを喉に詰まらせてしまう心配もありますので、型はなるべく小さめのものを使うといいでしょう。

いろんな形のグミが作れるおもちゃ

Amazon | シュガーバニーズ パティシエレッスン グミレストラン | シュガーバニーズ 通販 (14293)

商品名:シュガーバニーズ パティシエレッスン グミレストラン
発売元:タカラトミー
Amazon | ジュース合成 グミックス マザーセンター | パルボックス 通販 (14294)

商品名:ジュース合成 グミックス マザーセンター
発売元:メガハウス
グミを作るためのおもちゃも発売されています。

タカラトミーの「シュガーバニーズ パティシエレッスン グミレストラン」は女の子にぴったりのセット。いろいろな味のジュースを使えばカラフルでかわいいグミがたくさんできます。
型の種類も多く楽しむことができます。

そして虫好きな男の子にはこれ、「ジュース合成 グミックス マザーセンター」
なんと、グミでカブトムシやクワガタ・ダンゴムシなどの昆虫を作るセットです。
かなりリアルにできますので、虫が苦手なパパママはご注意くださいね!

グミを使って作るアレンジレシピ

無料の写真: ワイングラス, Gummibärchen, フルーツゼリー, ハリボー - Pixabayの無料画像 - 613144 (14297)

グミを使ってアレンジスイーツを作ってみましょう。

グミをジュースに入れて半日程度置くと、グミが水分を吸って膨張し、フルフルのゼリーのような食感になります。
最近海外で話題の「ハリボーアイス」は、グミ(ハリボー)をアイスキャンディー型にたくさん入れ、隙間にソーダ水を注ぎ入れて冷凍庫で凍らせるだけ。カラフルなグミが楽しいアイスができあがります。

他にもケーキやムースの飾りにグミを使ったり、製氷皿にグミとジュースを入れて固めたりと、カラフルなグミの特徴を生かしてオリジナルスイーツを作ってみると楽しいですね。

ハリボーグミアイス作ってみたらめちゃキレイ! – YouTube

◆SeikinTVチャンネル登録↓ http://www.youtube.com/user/seikintv?sub_confirmation=1 ◆SeikinGamesチャンネル登録↓ http://www.youtube.com/user/seikingames?sub_confirmation=1 ☆動画…

世界で一つだけの味を作ってみましょう

何気なくスーパーで手に取ってしまうグミですが、ご家庭で簡単に作れるので、ご家族、そしてお友達とぜひ作ってみてください。
使うジュースの種類や砂糖の量、ゼラチンの量などを調整して、お子さまと一緒に一番好きな味のオリジナルレシピを研究するのも楽しいですね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

くまこ くまこ