2016年9月20日 公開

【秋分】実りの秋や色の変化を感じはじめるころ

二十四節気のうち9月22日~10月7日ごろを指す「秋分」(しゅうぶん)。白露を過ぎて秋分をむかえると、朝晩に肌寒さを感じるようになります。街中の葉の色や香り、空の色だけでなく、店頭に並ぶ商品も変わります。秋本番の一歩手前である秋分を、お子さまと楽しんでみてはいかがでしょうか。

青空に映える金木犀は、秋分の香り

 (15302)

街路樹としてもよく見かけるオレンジ色の小さな花がかわいい金木犀。好き嫌いはありますが、この香りで秋を感じる方もいらっしゃるようです。
秋分の代表的な花は赤い彼岸花ですが、白い彼岸花もあります。美しい花ですが、根は有毒なので注意が必要ですね。

空は青く澄みはじめ、地上では少しずつ冬への準備

 (15305)

秋分の三候の初候は、9月22日~27日頃で「雷乃収声」(雷の声をおさむ)と呼ばれ、お子さまが怖がる雷を伴う夕立がなくなります。そして、青い空にうろこ雲が広がります。
次候は9月28日~10月2日頃で「蟄虫坏戸」(すごもりの虫戸をとざす)と呼ばれ、虫たちが土の中で過ごす準備をはじめます。
最後の末候は10月3日~7日頃で「水始涸」(水はじめてかれる)、田んぼから水を抜いて稲刈りの準備がはじまります。
秋分は自然の変化をはっきりと感じることのできる時期と言えます。

「おはぎ」を家庭で作って、お墓参りをしませんか?

 (15308)

秋分の日とその前後3日を加えた7日間が秋分となります。
仏教では西に極楽があると言われているので、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分の日は、仏さまにお祈りをするには最適な日なのだそうです。
昔、砂糖は高級品でした。「おはぎ」はその高級な砂糖と魔除けとされていた小豆で作った餡を餅につけたものであることから、仏さまにお供えするようになったようです。「おはぎ」はお子さまにも手伝ってもらって作ることのできるスイーツなので、ぜひご家庭で一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

銀杏拾いを楽しんだら、食べる楽しみが待ってます

 (15311)

秋分あたりから銀杏が拾えるようになります。この季節の食材として松茸もあるので、拾った銀杏や松茸で茶碗蒸しを作るのもいいですね。
自分で拾った銀杏が夕食のメニューに並んでいるのを見て、お子さまの食も進むのではないでしょうか。そして、銀杏を拾った道が近い将来に「黄色いイチョウの絨毯」になることを教えてあげると、毎日お散歩をせがまれるかもしれませんね。

二十四節気・七十二候を学ぶと、自然を堪能できます

はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈3〉秋―菊花開く | 根本 浩, 小林 絵里子 | 本 | Amazon.co.jp (15314)

タイトル:はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈3〉秋―菊花開く
著者  :文 根本 浩 ,絵 小林 絵里子
出版社 :汐文社

二十四節気とは、一年を15日ずつ24に分けた季節のことで、秋分は1年の15日間となります。
24の季節をさらに3ずつに分けたものが、七十二候となります。『はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈3〉秋―菊花開く』を読みながら日々を過ごすことで、この短い期間の時間と自然の流れを十分に楽しめることができるでしょう。

秋分は晩秋までの穏やかな日々を楽しめます

秋分の大きなイベントは「秋分の日」かもしれませんが、秋分前後と比べると空の高さや咲く花、感じるものや食べるものに変化があります。
それをパパママがお子さまに気づかせてあげられると、お子さまは短い15日間でも、きっと大きく成長されることでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

二十四節気で四季よりもっと素敵な「暦育児」をしてみよう

二十四節気で四季よりもっと素敵な「暦育児」をしてみよう

四季は春夏秋冬のたった4つ。しかし日本には二十四節気(にじゅうしせっき)という考え方があります。この二十四節気を使えば、もっと素敵な季節感を育むことができ...
【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

冬至(とうじ)といえば、日本の季節行事の中でもご存知の方が多いものかもしれません。ですが、毎年12月21日〜6日頃の期間を示す二十四節気のひとつ「冬至」と...
【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

二十四節気のひとつ「大雪」(たいせつ)は冬が本格化してくる、毎年12月7日〜21日頃のことを指します。山間部では雪が積もり、都市や平野部でもちらほらと雪の...
【小雪】空から冬の便りが届く季節がやってきた

【小雪】空から冬の便りが届く季節がやってきた

二十四節気のうち11月22日~12月6日ごろを指す「小雪」(しょうせつ)。朝晩のピンと張りつめた空気に冬の到来を感じる時期です。この頃になるとぐっと気温も...
【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

二十四節気のうち11月7日~11月21日ごろを指す「立冬」(りっとう)。まだまだ紅葉がきれいな時期ですが、天気予報やニュースなどで立冬が告げられると「そろ...

KEYWORDS

WRITER

あやめ あやめ  英語、FP、PC、写真、旅行、グルメ、SNS、興味のある仕事・・やりたいことは何でもやってます!