2018年4月1日 公開

ベビーマッサージはパパママにも効果が!教室選びのポイントは?

わが子が生後2カ月からはじめたベビーマッサージの習い事。赤ちゃんだけでなく、パパママにもたくさんのメリットがあります。そのためには教室選びがとても重要!筆者の体験から、費用や効果なども合わせて詳しくお伝えします!

ベビーマッサージをはじめたきっかけとは?いつから?

 (86289)

Vitalinka / Shutterstock.com
生後2カ月が過ぎ、子どもと二人でほとんど家にこもりきりだった毎日。生後1カ月頃までは慣れない育児に必死でしたが、少しずつ余裕が出てきて時間を持て余していました。

妊娠中、市が開催していた母親学級で、ベビーマッサージを行っている助産師さんと話をする機会がありました。連絡先を聞いていたので電話をしたところ、そこでは生後2カ月からはじめられると言われ、足を運んでみることに。

ベビーマッサージは公民館の和室で行われていて、1歳未満の赤ちゃんとママが8組ほどでした。参加者の中でわが子の月齢が、一番低かったです。

月齢が進むにつれて寝返りをしたり、ハイハイをして動こうとしたり、嫌がったりする赤ちゃんもいるため、遅くても生後3~4カ月ごろからはじめるのがおすすめだそうです。ちなみに生後1カ月からベビーマッサージを行ってもよいともいわれていますが、対象年齢は教室によって異なります。通う前にご確認ください。

わが子は生後2カ月からはじめ、1歳3カ月頃までベビーマッサージを続けました。一般的に、1歳を超えると動きが活発になるため、続けるのは難しくなります。

ベビーマッサージではどんなことをするの?オイルは?

 (86290)

Pavel Ilyukhin / Shutterstock.com
ベビーマッサージでは、まず赤ちゃんを裸にしてバスタオルの上に仰向けに寝かせます。通った教室では、「これからはじめるよ」という合図で、「らららぞうきん」という手遊び歌でスキンシップを図りました。

その後、ベビーマッサージをはじめるわけですが、肌のすべりをよくするためにオイルを使います。赤ちゃんの肌は敏感なため、はじめて使用する場合は、太ももの裏に少しだけオイルを塗って、アレルギー反応がないかを確認します。筆者の場合は、助産師さんが用意してくれた植物性100%のオイルを使用しました。

助産師さんの指導のもと、手足、お腹、背中とマッサージを行い、赤ちゃんの機嫌をみて顔をマッサージするときもあります。所要時間は10~15分ほど。赤ちゃんにとっては全身運動になるため、長すぎると体力を消耗してしまいます。

一通り終わった後は水分補給。わが子の場合は、母乳をたくさん飲んでそのまま眠ってしまうことがほとんどでした。

ベビーマッサージでママもストレス発散!

 (86292)

Oksana Kuzmina / Shutterstock.com
ベビーマッサージは、全身のスキンシップによるメリットがたくさん!筆者は、わが子がぐっすり眠ってくれるようになったことが一番のメリットのように感じました。

ベビーマッサージ教室は、赤ちゃんへのメリットだけではありません。筆者の教室は、ベビーマッサージの後に、助産師さんと育児や母乳に関する悩み相談がありました。他のママとの情報交換もできます。また、赤ちゃん向けに絵本の読み聞かせや、ママたちのティータイムもありました。

ベビーマッサージは準備から終了まで30分ほどですが、筆者にとってはそれ以外の時間の方が魅力的だったかもしれません。教室は2時間ほどあり、引きこもりの毎日のストレスを発散。さまざまな情報を得ることもでき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ベビーマッサージ教室の費用と教室選びのポイントは?

 (86293)

Andrey_Kuzmin / Shutterstock.com
筆者が通っていた教室は、月2回で1回あたり1,000円、所要時間は約2時間。とてもリーズナブルで、アットホームな雰囲気でした。一般的には、所要時間約60分で1,000~2,500円くらいが多いようです。

ベビーマッサージ教室は、助産院、子育てサロンや児童館、講師の自宅などさまざまな場所で行われています。1回限り、3回コースなど教室によって違いがあります。通いやすい教室の方が長く続けられますね。

また、ベビーマッサージの講師も看護師、助産師、アロマテラピストなどさまざま。生後間もないころは母乳で悩むことが多いため、助産師さんが特におすすめです。

ベビーマッサージ以外の時間の過ごし方も教室によって違うので、自分に合ったところを探してみてください。市や区の子育て支援センターなどに問い合わせてみるものいいでしょう。

最後に……

 (86294)

Fedortcov / Shutterstock.com
ベビーマッサージ教室は、親子で一番最初にはじめられる習い事です。赤ちゃんとのスキンシップを楽しみながら、子育ての不安を解消したりストレスを発散できたりとメリットもたくさんあります。

1歳頃までの貴重な時間にベビーマッサージの習い事を取り入れ、親子ともに有意義な時間を過ごしてみませんか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
【ネパール式】アーユルヴェーダのオイルマッサージでベビーケア

【ネパール式】アーユルヴェーダのオイルマッサージでベビーケア

インドのアーユルヴェーダの影響を受けているネパールでは、暮らしの中にもアーユルヴェーダが根付いています。生まれたばかりの赤ちゃんに、オイルマッサージするの...
赤ちゃんの体にも心にも優しい♪ベビーマッサージのススメ

赤ちゃんの体にも心にも優しい♪ベビーマッサージのススメ

赤ちゃんがいらっしゃる方、これから赤ちゃんが産まれるという方、ベビーマッサージという言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。ベビーマッサージとは一体ど...
赤ちゃんのお風呂の上手な入れ方は?ひとりでも入れられるコツ

赤ちゃんのお風呂の上手な入れ方は?ひとりでも入れられるコツ

生後1カ月を過ぎたら沐浴を卒業して、いよいよパパやママとお風呂デビューが可能です。でも、赤ちゃんとのお風呂は予想以上に慌ただしいもの。まずは準備や手順、注...
はいはいを始める時期はいつ?トラブル防止策とおすすめグッズ

はいはいを始める時期はいつ?トラブル防止策とおすすめグッズ

生後8カ月頃からはじまるはいはい。それぞれ赤ちゃんによって、はいはいをしはじめる時期は違います。ここでは、この時期の赤ちゃんの様子や、トラブル防止策につい...

WRITER

Kayoko* Kayoko*  千葉県在住。9歳と6歳の男児を持つママライター。得意ジャンルは育児、料理、ディズニー、ときどきお酒。大学では心理学を専攻。ただいま、スムージーダイエットに奮闘中!