2016年5月25日 公開

雨の日が待ち遠しくなるようなキッズアイテムご紹介

雨の日はつい屋内にこもりがちですが、雨の日にしか経験できない体験もたくさんあります。葉っぱについた水滴をみたり、ザーザー雨やぽつぽつ雨などいろんな音や空気を五感で感じましょう。子どもが雨の日のおでかけや登園が楽しくなるような【雨の日グッズ】を紹介していきます。

親子お揃いのレインコートで元気に飛び出そう

 (4955)

ブランド名:PETIT BATEAU
商品名:ポンチョ
参考価格:¥17,280(税込)
まずはPETIT BATEAU(プチバトー)のレインコート(ポンチョタイプ)です。
元気になれそうなビビッドカラーで、おしゃれなデザインです。
機能性も備えしっかり作られているんですよ。

大人用のレインコートもあるので、ファミリーお揃いにすることができますね。
カラーバリエーションはイエローもあります。

はじめてはドキドキ傘をもって歩こう

 (4959)

ブランド名:PETIT BATEAU
商品名:PARAPLUIE ENFANT
参考価格:15,00 €
PETIT BATEAU(プチバトー)のイエローアンブレラは、シンプルなデザインで、ファッションを引き立たせてくれるでしょう。
柄物やカラフルなレインコートの場合、傘選びはシンプルなもの、またはお揃いの柄だと全体もまとまりやすそうですね。
 (4960)

ブランド名:ampersand
商品名:Girl's花柄窓付き傘 L162026
参考価格:¥2,052(税込)
Ampersand(アンパサンド)の花柄窓付き傘にはおそろいの長靴、レインコートもありますのでお揃いにしてみるとさらに可愛らしいです。
ヨチヨチ時代には無理だった「傘をさして歩く」ことはお子さまにとってはドキドキする嬉しいイベントなのです。

自分用の傘。それだけでもお子さまも喜ぶのではないでしょうか。
「けっこう重い、風が吹くと大変」という体験を、楽しく経験して欲しいものです。

着せやすく脱ぎやすいポンチョタイプ

 (4964)

ブランド名:agnes b.
商品名:GM60 E CAPE
参考価格:¥7,776(税込)
agnes b.(アニエスベー)のケープはシックな色合いの星モチーフです。長靴や傘が目立って、バランスよく着られますね。
 (4965)

ブランド名:maarook
商品名:ストライプ・ドットレインコート
参考価格:¥5,292(税込)
maarook(マルーク)のストライプコートは他にはないクールな印象のストライプ。とってもおしゃれです。

かぶるタイプのポンチョは歩く姿も愛らしく、よちよち歩きの赤ちゃんにぴったりです。ぴちゃぴちゃと歩く楽しさに喜び、雨に濡れた木々の匂いや雰囲気を感じる。その時期しか味わえない目線で味わうことで五感に良い成長を促してくれます。

雨の日こそラブリー女子とやんちゃ男子に変身

 (4968)

ブランド名:sense of wonder
商品名:リバティプリント レインコート Betsy
参考価格:¥10,044(税込)
sense of wonder(センス・オブ・ワンダー)のリバティプリントレインコートは、これ以上ないくらいのラブリー仕様で乙女心をくすぐります。
 (4969)

ブランド名:HELLY HANSEN
商品名:キッズレインコート / アルマークコート
参考価格:¥17,280(税込)
HELLY HANSEN(ヘリーハンセン) キッズレインコート / アルマークコートは単色シンプルで丈夫な作り、少し大人びた雰囲気に見えそうなハイセンスデザインで動きやすいです。

迷ったらお子さまと一緒に選んでみましょう

 (4972)

お子さまの好みは年齢と共に変わってきます。
好きだったキャラクターには突然目が向かなくなったり、
まだ着られるのに急に「こんなのもう嫌だ」と言っちゃうのも感受性が育っている証拠なのです。

安全面にも気を付けましょう

大きめのコートや傘を使わせてしまうと、風にあおられたりドアに挟んだりして危険です。
しっかり見守ってあげながらジャストサイズを準備してあげましょう。
センスも磨かれますので、ぜひ一緒に選んでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

雨の登園を快適に!おすすめレイングッズ「ごんどうまゆのハハコイク」第18回

雨の登園を快適に!おすすめレイングッズ「ごんどうまゆのハハコイク」第18回

男の子育児をつづったイラストエッセイ「ハハコイク」。梅雨の時期に備えて、雨の登園に必要なレイングッズについてご紹介します。
正しく扱えないと危険!子どもに傘の開き方・たたみ方を教えよう

正しく扱えないと危険!子どもに傘の開き方・たたみ方を教えよう

3歳くらいになると、子どもも自分で傘を持てるようになります。しかし傘は先端がとがっていて長さもあるため、間違った扱い方をすると大変危険です。はじめて傘を持...
梅雨に見頃の植物を、子どもと一緒に観察しよう

梅雨に見頃の植物を、子どもと一緒に観察しよう

外遊びができない日も多い梅雨の時期。おでかけできない日が続くと、親子ともにストレスがたまってしまいます。そんなときは傘をさして植物観察に出かけてみては? ...
子どもが傘を使うのはいつから?安全に使える傘の選び方

子どもが傘を使うのはいつから?安全に使える傘の選び方

子どもに傘を使わせるのはいつからが良いのか迷うものです。子どもが自分で傘をさせたら、雨の日のお出かけがもっと気軽になるかもしれません。安全に傘をさし、パパ...
幼児に傘を持たせるタイミングは?子どもにおすすめの傘の選び方

幼児に傘を持たせるタイミングは?子どもにおすすめの傘の選び方

それまでレインコートを着ていたお子さまも、お友達やパパママがさしているのを見て、自分用の傘を欲しがるようになります。しかし「いつ頃からなら持たせてもいいの...

WRITER

あこ あこ  子ども達の小さな成長っぷりに毎日驚きます。一緒に料理を作るのが楽しいです。