2017年2月11日 公開

幼児にオススメの楽しく英語が学べるAndroidアプリ 5選

小学校から英語が必修になり、ますます必要となってくる語学力。できれば幼いころから、英語に触れさせてあげたいですよね。そこで幼児にピッタリの英語が楽しく学べるアプリをご紹介。Android端末で使える、高評価のアプリをチョイスしました。

「Endless Alphabet」

「Endless Alphabet」は、いたずら好きのモンスターたちが登場するアプリ。
単語がバラバラになっており、並びかえることで英語を学んでいきます。またさまざまな英単語と一緒に、お片付けも学べるようになっています。
並びかえる位置も表示されていて、正解するとモンスターの動きで単語を説明するため、内容を直感的に覚えることができます。日本語の説明は出てきませんがアニメーションが優れていて、簡単に遊び方が分かるのもオススメのポイントです。

「Best Storytime」

「Best Storytime」は童話を英語で楽しむアプリ。幼児だけで遊ぶアプリではなく、ママが先生となって教えていくアプリです。
もちろん英語が分からなくても大丈夫。『3匹の子豚』や『赤ずきん』など、誰もが知っているストーリーの童話が登場するため、ママも一緒に覚えることができます。またキャラが動くアニメーション形式のため、理解しやすいのも特徴です。

「赤ちゃんのためのフラッシュカード」

「赤ちゃんのためのフラッシュカード」は、日本語で開発されたアプリ。
英会話の幼児教室などで使用されている、フラッシュカードを使って英語を学べます。乗り物や食べ物、動物など、さまざまなカテゴリーがあります。
またイラストだけでなく音声や動画も収録されていて、小さなお子さまでも興味がわきやすい教材となっています。言葉になれてきたらクイズにチャレンジできたりと、飽きずに長く遊べるもポイントです。

「Storybook Rhymes」

「Storybook Rhymes Volume 2」は、子ども向けにつくられた音楽アプリ。
海外の子どもが対象のため、日本語訳はなくすべて英語ですが、はじめて英語に触れさせるためにはピッタリのアプリです。2曲しか収録されていませんが、繰り返しに覚えることで言葉を理解していきます。マイク機能もついていて、一緒に歌うことも可能です。

「えいごのコアラのマーチアプリ」

「えいごのコアラのマーチアプリ」は、お菓子メーカーのロッテが開発したアプリ。英語学習版として発売されている、お菓子の「えいごのコアラのマーチ」にかざすと、スマホにコアラが飛び出してきます。
書かれている英単語の発音も教えてくれるため、ネイティブな発音も学べます。お菓子を食べて英語を学ぶ、画期的なアプリとなっています。

アプリを使って小さい頃から英語に触れさせましょう!

幼児にオススメの楽しく英語が学べるアプリをご紹介しました。幼児のときから英語をマスターさせるというよりも、まずは小さいころから触れさせる環境づくりが大切。スマホやタブレットなど端末さえあれば簡単に導入ができるので、まずはアプリからはじめてみましょう!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
ネイティブも学ぶ、英語フォニックス教材「Jazzles」がアプリに!

ネイティブも学ぶ、英語フォニックス教材「Jazzles」がアプリに!

アメリカやオーストラリアの公立小学校でも導入されている、子ども向け英語教材「Jazzles(ジャズルス)」が、アプリになって登場。歌を通して楽しく実用英語...
プリスクールとは?幼稚園・保育園・インターとの違いや海外事情

プリスクールとは?幼稚園・保育園・インターとの違いや海外事情

日本で急増中のプリスクール。実際に娘を通わせている筆者の経験から、プレ幼稚園や保育園、インターナショナルスクールや英会話教室の違いや詳しい内容をまとめまし...
ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

単語を丸暗記したり、教科書どおりに読んだりするだけでは、自分の考えを自由に話せるほどの実践的な力には結びつきません。このような問題を解決するため、主に中学...
英語教育における「CAN-DOリスト」とは?導入の背景と到達目標

英語教育における「CAN-DOリスト」とは?導入の背景と到達目標

英語教育推進を目的として、学校教育現場に導入が進められている「CAN-DOリスト」。文部科学省の提言を経て、年々その導入率は高まっています。「CAN-DO...

KEYWORDS

WRITER

maruちゃん maruちゃん  おでかけするのが大好きです。スポットを調べたり、知育に関するものを普段からよく調べています!