2018年7月13日 公開

子どもたちに、料理を体験して理解する機会を―「かぞくごはん」で食育体験

自宅で子どもが主体となり料理を体験できるサービス「かぞくごはん」。食育のプロ「エプロン先生」が子どもたちに食の大切さを教えてくれます。そんな「かぞくごはん」を運営する代表の髙橋未来さんによるコラムがスタート!1回目は「かぞくごはん」が考える食育についてです。

食育とは?家庭料理から学べること

 (106013)

Chinaview / Shutterstock.com
はじめまして。「かぞくごはん」代表の髙橋未来と申します。

私たちが運営している「かぞくごはん」は、3歳以上のお子さまに向けた、食育の家庭教師派遣サービスです。最近食育というワードをよく耳にする機会があるかと思いますが、食育ってつまり何なのか?そう思われている方も多いのではないでしょうか。

農林水産省が定めている食育基本法によると、「食育はすべての教育の基礎」とされておりますが、ここでも抽象的な表現になっていて、イメージするのが少々難しいです。

そこで、「かぞくごはん」では、食育を「家庭料理を通して学ぶことすべて」と独自に定義しました。

ではなぜ、このようなサービスをはじめたのか、経緯をお話させてください。

食と教育の悩みは、切り分けずに同時に解決できる

 (106012)

GUNDAM_Ai / Shutterstock.com
「かぞくごはん」を立ち上げたのは、私が以前幼児教室に勤めていたときの経験がきっかけです。

幼児教室勤務時代、保護者の方からお子さまのことでよく相談を受けました。教育に関することだけではなく、食についての悩みもたくさん相談されました。そして、さまざまな悩みを聞いているうちに、私の中である気づきを得ました。それは、「食と教育の悩みは、お互いを通じて解決することができる」ということです。

食への関心を高め、食べる意欲と学びにつなげる

 (106014)

Zabavna / Shutterstock.com
たとえば食については「おやつばかり食べてご飯を食べない」という相談が一番多かったのですが、それは毎日のごはんがどうやって食卓に並ぶかを子どもたちが知らないためなのです。

私はそんな相談を受けたとき「パパ・ママは、あなたのためを思って一生懸命ごはんを作ったんだよ。あなたに食べてもらえないのはとっても悲しいよ」と言ってみてくださいとアドバイスをしました。

そうすることで、子どもは目の前の料理はパパやママが一生懸命作ったごはんなんだと理解し、パパやママが喜ぶならごはんを食べようという気になるのです。

そして、使われている食材についてどうやって育てられ、どうやっておうちにやってきて、どうやって料理しているのかについても教えてあげるようお伝えしました。

食材を知ることは季節を知ることにつながりますし、お買い物は数の感覚や社会性を、料理は準備することや先を読む力を養うことになります。

食と教育の悩みはお互いに解決できる、という意味をおわかりいただけましたでしょうか。

口で説明するより体験をさせることが効果的

 (106015)

KPG_Payless / Shutterstock.com
保護者の方からは、家庭での食と教育を組み合わせた取り組みで、悩みが実際に解決できた、という報告も多数いただきました。

しかしやはり問題になってくるのが、子どもの年齢です。

3〜4歳くらいの子は親のいうことを素直に聞き、新しい知識をどんどん吸収してくれるのですが、少し大きくなってくると素直に受け入れられなくなるのが子ども心というもの……。

そこで、子ども自身に体験してもらうということが大事になってきます。

自分が体験することで、ごはんを用意するのはこんなに大変なんだと理解し、親への感謝の気持ちが生まれます。まさに習うより慣れろ、ですね!

私が「かぞくごはん」を立ち上げた理由

photo by かぞくごはん (106010)

via photo by かぞくごはん
けれども、家庭で料理体験をさせるなんてことは、忙しい盛りの現代の子育て世帯ではなかなかさ難しいですよね。

だから私は、「子どもが自分で料理を体験する機会」を作りたいと考え、「かぞくごはん」というサービスを立ち上げました。

実際に弊社のWEBサイトでもご紹介していますが、小学校4年生の男の子が「かぞくごはん」のサービスを体験し、ママへの感謝の気持ちが生まれましたというユーザーボイスをいただきました。

今回は一例をご紹介しましたが、エプロン先生と料理体験をする「かぞくごはん」で学ぶことは多岐に渡ります。

ごはんが完成するまでの一連の工程を子どもに体験させてあげることで、社会性や思いやり、感謝の気持ちなど、さまざまな面でのお子さまの成長を育みます。

次回以降は「かぞくごはん」について詳しく紹介するとともに、子どもの食の悩みを解決するヒントをお伝えしていければと考えています。どうぞお楽しみに!

【NEWS】「かぞくごはん」からのお知らせ

夏休み限定「自由研究プラン」がスタート!

現在「かぞくごはん」では、夏休みにぴったりな「自由研究プラン」の受付をしています。

サントリー協賛の元、サントリーのソフトドリンクを用いたおもしろ実験料理を作ります。オリジナルのレポート用紙データもプレゼントされますので、レポートにまとめて提出することができます。

◆自由研究プラン実施期間
実施期間:2018年7月21日(土)~8月31日(金)

◆料金
・1回コース 6,980円
・3回コース 17,940円(1回あたり5,980円)
・5回コース 27,400円(1回あたり5,480円)

詳しくは、下記をご覧ください!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

現代の家庭では両親ともに忙しく、子どもとゆっくり食事を楽しむ時間を取れずにいます。そんな親たちの悩みを解決したい、と自宅訪問型食育指導サービス「かぞくごは...
子どもの自己肯定感を高めるポイント!親がサポートすることは?

子どもの自己肯定感を高めるポイント!親がサポートすることは?

世界と比較すると、日本の若者は自己肯定感が低いと指摘されています。今回は、さまざまな調査から現状を捉え、自己肯定感を高める要素について考えていきます。子ど...
野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

学校給食の残食率が増え、特に野菜の食べ残しが多いこと、また『10年前と比べて子どもの偏食が増えている』と感じる教員が約80%いることが、トレンド総研の調査...

WRITER

かぞくごはん かぞくごはん  「かぞくごはん」は、忙しいママ・パパのための「子どもが主体の料理体験サービス」です。 料理や家庭保育の経験が豊富な“エプロン先生“がご自宅に訪問し、献立作成から買い物をはじめ、家庭料理づくり全般を通じて普段忙しくてゆっくりと教えてあげられないお料理やマナーなどの家庭教育をサポートしながら、お子様の「やりたい!やってみたい!」をいう好奇心をサポートしているサービスです。