2017年5月31日 公開

親子で遊ぼう!見て触って、指で参加できる・しかけ絵本4選

お子さまも一緒に参加できる、シンプルなしかけ絵本を4つご紹介します。どれも指差しや何かしらの表現ができれば、おしゃべり前の小さなお子さまでも大丈夫!繰り返し読むことで絵本に慣れて、だんだんとしかけを自分のものにしていくお子さまの変化も面白いですよ。

つんっ!

つんっ! (ほるぷ創作絵本) | 新井 洋行 |本 | 通販 | Amazon (47303)

タイトル:つんっ!
著者:新井 洋行
出版社:ほるぷ出版
プールに浮かぶあひるさん。たくさん積んだ積木にまぁるいシャボン玉。お皿の上にはおいしそうなゼリー。これらを「つんっ!」と指で触ったらどうなるかな……?

「つんっ!」の次のページには、触ったあとのイラストが。ゆらゆら揺れたり、がっしゃ-んと崩れたり、消えてなくなったり……。この変化に子どもたちは興味津々なはず。この絵本ではじめてドミノを知った息子は、実際に「つんっ!」とやってみて次々と倒れていく様子に大喜びでした。

「つんっ!」の部分はぜひお子さまに指で触ってもらい、親子で「どうなるかな?」と想像力を高めながら読んでいきましょう。色がはっきりしていて分かりやすくカラフルな作品で、小さなお子さまにもおすすめです。親子でお互いを「つんっ!」と遊んでみるのもよいですね。

どこどこハート

どこどこハート | tupera tupera |本 | 通販 | Amazon (47308)

タイトル:どこどこハート
著者:tupera tupera
出版社:ブロンズ新社
にわとりさん、ごりらさんなど、子どもに馴染みのあるイラストのどこかにハートマークが使われています。「どこどこハート」の掛け声で、一緒にハートマークを探してみましょう。

最初「ん?」と不思議そうに見ているお子さまでも、「ここにあったね~」などと補足しながら読み進めると、次第に積極的に参加してきますよ。鼻や口、花びらや葉っぱ、おひげやろうそくまで!色やサイズはいろいろ!ハートマークが奏でるかわいらしい世界をお楽しみください。

少し応用して、おうちの中やお散歩中に「どこどこまーる(さんかく、しかく、ぎざぎざ)」など、かたちを探すゲームをするのもおすすめです。外でさんかくを探すゲームをすると出てくるのが赤い「止まれ」の記号。赤の「止まれ」さんかくの時は、「車が出てくるかもしれないから一度止まろうね」という交通ルールを教えるきっかけにもなりますよ。

きんぎょがにげた

きんぎょがにげた (幼児絵本シリーズ) | 五味 太郎 |本 | 通販 | Amazon (47314)

タイトル:きんぎょがにげた
著者:五味 太郎
出版社:福音館書店
逃げ出したピンクのきんぎょを探す絵本です。「こんどはどこ?」とシンプルな問いかけでテンポよく進んでいきます。カーテンの模様や、花びら、ときにはいちごやキャンディーなど……。次々といろいろなものに隠れながら、きんぎょが旅する様子が楽しい1冊です。

ページが進むにつれて少し難しくなりますので、「このへんかな?」などとヒントを出しながら一緒に探してみてください。自分で見つけた時の子どもは「あった~!ここ~!」と大興奮。何度も何度もやりたがりますよ。

慣れてきたら探すものを、「帽子はどこ?」などとパパママオリジナルにしても。お子さまも指差しで「ここー!」と参加でき、会話がはずみます。五味太郎さんの作品には、ほかにも面白い仕掛け絵本がたくさん。こちらのイラストや雰囲気が気に入ったという方は、ほかの絵本もぜひ手に取ってみてください。

きょうのおやつは

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本) | わたなべ ちなつ |本 | 通販 | Amazon (47317)

タイトル:きょうのおやつは
著者:わたなべ ちなつ
出版社:福音館書店
おやつにホットケーキをつくる様子を描いたこちらの絵本には、全ページにかがみが使われています。なんと、本を90度に開くと手前のページをかがみが写すことでイラストが完成するという仕組み!立体的で臨場感あふれるこの感覚を、ぜひ体験していただきたいです。

角度によって絵がすこーしゆがんだり変わったり……。わざと180度に本を開いて「あれれ?卵が足りないね~」、少し間を置いて90度に戻し「魔法をかけたら出てきたよー」と言ってみるなど、遊び方は自由自在。

わが家の息子たちものぞき込んだり自分で絵本の角度を調整してみたり、画面にほかのものを入れ込んでみたり……。納得するまで何度もひっくり返しながら読んでいました。

自分の顔がうつる仕掛けなど、かがみを使った絵本は色々とありますが、鏡がないと成り立たないこちらの絵本はオリジナリティーがあって画期的だと思います。小さなお子さまからある程度大きい子まで、幅広く楽しめる作品です。

終わりに

絵本の読み聞かせはパパママが読んで子どもが聞くという役割分担になりがちですが、このようなしかけ絵本を選ぶと、親子で双方向にやり取りできるのがよいですね。また、日常生活に応用がきくフレーズも多いので、ぜひ気に入った絵本の世界を日々の暮らしにも取り入れてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

子育て、家事、仕事、やることがたくさんであっという間に1日が終わってしまうママ。絵本の読み聞かせをする気力がないときもあるでしょう。そんなママたちの心に優...
LOA
話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

話題の絵本作家流子育て「イライラしたら、親子で絵本の世界に逃げるんです」

「赤ちゃんが夢中になる絵本」として大人気の『お?かお!』の著者・ひらぎみつえさんインタビュー後編。5歳のお子さまを育てながら活動するひらぎみつえさんに、子...
絵本「バーバパパ」でわが子が前向きに!その秘密とは……!?

絵本「バーバパパ」でわが子が前向きに!その秘密とは……!?

人気絵本&キャラクターのバーバパパ。カラフルな彼らは、体の形を自由に変えられるのが大きな特徴。川があったら橋に変身するなど、困難は知恵と工夫で解決!日常で...
パパの読み聞かせの方が効果的?ハーバード大学の研究結果とは

パパの読み聞かせの方が効果的?ハーバード大学の研究結果とは

育児参加をしたいパパや、ワンオペ育児中のママに朗報です!ハーバード大学の研究によると、絵本等の読み聞かせは、男性の方が子どもの脳の発達によいのだそう。読み...
絵本の読み聞かせで子供の想像力を養う!読み聞かせのポイントは?

絵本の読み聞かせで子供の想像力を養う!読み聞かせのポイントは?

「絵本の読み聞かせが子どもの教育に良い」という話を聞いたことがある方は多いはず。実際に教育現場でも取り入れられていますが、どのような効果があるのでしょう?...

WRITER

福岡すみれ 福岡すみれ  東京都在住、3人のやんちゃな男の子のママです。外遊びが大好きな息子たちと日々いろいろな公園を巡りつつ、3度の食事(とおやつとお酒)を何よりも楽しみに過ごしています。