2019年9月25日 公開

バイリンガル教育は1人1言語が基本?言葉を混ぜないための対策 【翻訳家ママのバイリンガル教育 第9回】

幼い頃から外国語教育をすることで、子どもが「複数の言語を混ぜこぜにして使ってしまうのでは……」というのが、バイリンガル教育の心配事の1つ。そこで、子どもが複数言語を混ぜないためにおすすめしたい「1人1言語の原則」や実践方法、続けるコツを紹介します。

子どもは複数の言語を混ぜて話すようにならない?

Marta Ortiz / shutterstock.com
生まれたときから複数言語の環境で育っている子どもは、誰とどの言語で話せばいいのかを幼いうちから自然に身につけています。筆者の息子は1歳過ぎには、自然に「パパには英語、ママには日本語」の切り替えができるようになっていましたが、「パパとは英語で話そうね」というように教えたことはありません。また、これまでにたくさんのバイリンガルやマルチリンガルの子どもたちと出会ってきた中で、複数言語のバランスが取れている子どもの多くは、人による言語の使い分けができていると感じてきました。

ただ、人による言語の使い分けができている場合でも、1つの文章のなかに複数の言語が混ざってしまう場合があります。たとえば、日本語と英語のバイリンガルの子どもが「今日は学校で run したんだよ」というような感じです。テレビなどでこのような話し方を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

それでは、バイリンガル教育を受けている子どもたちが、複数の言語を混ぜてしまわないためには、どうすればいいのでしょうか?

バイリンガル教育で使い分けが重要な理由

Antonio Guillem / shutterstock.com
子どもが複数の言語を混ぜてしまわないためには、子どもとの接触時間の長い人たち(家族や先生など)が言語を混ぜないことが大切です。もし、ママやパパが日本語の文章の中に、英単語を入れて話せば、子どもはそれを真似してしまいます。そして、一度、その話し方が身についてしまうと、修正するのはとても大変です。ですから、子どもがバイリンガルとして複数言語で混乱せずに成長するには、周囲の大人たちが言語の使い分けに気をつける必要があります。

言語の使い分けで効果があると言われているのが、次に紹介する「1人1言語の原則」です。

バイリンガル教育の「1人1言語の原則」とは?

Syda Productions / shutterstock.com
バイリンガル教育で言葉が混ざらないようにするために効果があるといわれているのが「1人1言語の原則」です。これは、子どもに話しかける言語を1言語に限定することによって、子どもが複数言語で混乱するのを避けるというものです。例えば、子どもにママは英語、パパは日本語で話しかけるという感じです。

ただ、「1人1言語の原則」を徹底しようとすると、家庭内の空気が悪くなることがあります。それは、ママとパパがそれぞれ子どもに話しかけている言語が理解できない場合です。たとえば、我が家の場合、筆者と息子は日本語で会話をしますが、夫は日本語が理解できません。そのため、3人でいるときに筆者と息子が日本語で会話をすれば、夫にストレスが溜まります。反対に、夫と息子がフランス語で会話をすると、筆者は理解できません。家族の会話をスムーズにするためにも、家族3人のときは、唯一の共通言語である英語で会話をします。

それでは、1人1言語が徹底できない場合は、家庭でどのように言語の使い分けをすればいいのでしょうか?

日本の家庭で「1人1言語の原則」を実践するには

KPG_Payless / shutterstock.com
移民が多く、バイリンガルが多いカナダ・モントリオールでも「1人1言語の原則」を徹底するのは難しいです。それ以上に、日本で、家族全員の母国語が日本語の場合に、ママかパパが子どもに英語(日本語以外の言語)だけで話すのは現実的ではないですよね。だからといって、都合のいいときにだけ英語を使うと、子どもが言語を混ぜてしまうことになります。そこでおすすめなのが、アクティビティや時間で言語を使い分けることです。

「1キャラクター1言語」を取り入れる

たとえば、「ミッキーマウスの番組は英語で見る」と決めたら、日本語では見ないようにする方法です。習慣にするためにも、夕方の食事前の時間など、できるだけ時間を固定するのがおすすめです。

朝の絵本は英語で

絵本の読み聞かせも「1キャラクター1言語」と同じで、乳幼児期は同じ絵本を異なる言語で読むのは避けましょう。筆者の息子が2歳ごろに「はらぺこあおむし」を日本語と英語で読んだことがあったのですが、直訳ではないせいもあり息子を混乱させる結果になってしまいました。

また、寝る前に英語1冊、日本語1冊というように絵本の読み聞かせをしている方がいるかもしれません。けれども、使い分けの視点で考えた場合、同じ人が2言語で読み聞かせをするのであれば、同じ時間に複数言語の絵本を読むのはできるだけ避けたほうがいいです。英語での読み聞かせをするのであれば、寝る前は日本語、朝は英語で読み聞かせるなど、時間を分けたほうがいいでしょう。

使い分けの成功のカギは「繰り返し」

Leszek Glasner / shutterstock.com
子どもが複数の言語を混ぜてしまわないようにするには、周囲の大人がしっかり言語を使い分けることが大切です。もし、子どもがあまりにも複数言語を混ぜて話してしまっている場合は、自分の話し方を振り返ってみましょう。

ただ、かなり徹底して使い分けをしていても、1文のなかに複数の言語が混ざってしまうことがあります。そのときは、間違いとして指摘するのではなく、会話のキャッチボールの中で、そのときに使用している言語に言い換えてください。「何回言ったらわかるの!」とイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、言語の定着の近道は「繰り返し」です。複数の言語に挑戦している子どもを応援する気持ちで、何度も何度も言い換えてあげましょう。

(参考図書)
『完全改訂版 バイリンガル教育の方法』(中島和子著/アルク)
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

バイリンガル教育の悩みと解決方法<成長段階別>【翻訳家ママのバイリンガル教育 第8回】

バイリンガル教育の悩みと解決方法<成長段階別>【翻訳家ママのバイリンガル教育 第8回】

バイリンガルやマルチリンガル教育をしていると、子どもの言語の発達についての悩みは尽きません。翻訳家ママのバイリンガル教育第8回では、成長段階で変化するバイ...
LOA
バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガル教育で成果を上げているイマージョン教育。この教育方法の発祥の地は、フランス語と英語のバイリンガルが多く住む街、カナダ・モントリオールです。翻訳...
LOA
子どもの英語学習を長く続けるための親の心構え【翻訳家ママのバイリンガル教育 第6回】

子どもの英語学習を長く続けるための親の心構え【翻訳家ママのバイリンガル教育 第6回】

日本で幼い子どもが外国語を習慣にするには、親のサポートはなくてはならないものです。今回は、子どもの英語学習を長く続けるための親の心構えを紹介します。カナダ...
LOA
継続的な子どもの英語教育の鍵は「現実的な」目標を立てること

継続的な子どもの英語教育の鍵は「現実的な」目標を立てること

カナダ在住、マルチリンガルの息子を育てる筆者がお届けする連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第3回目です。幼い子どもが2カ国語以上を習得するためには、まず...
LOA
子どもの英語教育をはじめる前に考えたい4つのこと

子どもの英語教育をはじめる前に考えたい4つのこと

カナダ在住、マルチリンガルの息子を育てる筆者がお届けする連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第2回目です。日本でも子どもに英語を学ばせたいと考えている方は...
LOA

WRITER

LOA LOA  カナダ在住のフリーライター。Web媒体で子育てや語学学習についての記事を多数執筆。8歳の息子が0歳のときからはじめた絵本の読み聞かせは、今では私たちの生活になくてはならないものになっています。これまでに息子と読んだ絵本や児童書は、日本語、英語、フランス語を合わせて数千冊。息子が笑顔になる絵本を見つけるのが喜びです。