2018年4月5日 公開

エプロン先生と一緒に自宅で料理!子どもの自信と自立心を育む

自宅訪問型食育指導サービスを展開する「かぞくごはん」。自宅まで「エプロン先生」がやってきて、子どもと一緒に献立を考え食事を用意してくれます。いったいどんなサービスなのか、筆者が利用してみた感想を交えてお伝えします。

自宅に「エプロン先生」が来て、食育を学べる!

photo by かぞくごはん (91128)

via photo by かぞくごはん
献立を考える、料理を作る、食卓の準備をする。1回の食事で、子どもにお手伝いしてもらえることはたくさんあります。

でも、忙しいパパやママにとって、子どものペースで毎回の食事の用意を進めるのはなかなか難しいです。野菜を切る、食器を選ぶなど、いろいろお手伝いしてほしいことはありますが、時間も気持ちも余裕がなくて「私がやった方が早いから」とお手伝いの機会を奪ってしまっている……筆者はときどきそんな小さな罪悪感を抱えていました。

料理体験だけじゃなく、お迎えや買い出しまでサポート!

そんなときに出会った、自宅訪問型の食育サービスを展開する「かぞくごはん」。「エプロン先生」と呼ばれる食育の家庭教師が自宅まで来てくださり、子どもと一緒に食事を作ってくれる、という内容です。しかも、園へのお迎えや食材の買い出しなども時間内であれば対応可能とのこと。

「これなら、食事の用意から仕上げまで子どもに体験させてあげられるし、自宅なら子どもも緊張せずに取り組めて、今後のお手伝いの練習にもなるかも!しかもお迎えにも行ってくれるなんてありがたすぎる!(姉妹が別々の園に通っているので片方だけでも助かる!)」

そんなわけで、早速エプロン先生に自宅まで来ていただくことにしました。

さぁ、家族の夕飯を作ろう!

photo by author (90754)

エプロン先生と一緒に冷蔵庫の中をチェック!
via photo by author
今回申し込んだ内容は、3時間の基本プラン(6,980円)です。「お迎え、料理体験、片づけ」の3つをエプロン先生にお願いしました。園の帰り道に寄れるスーパーがなかったので買い出しはしませんでした。

「ただいま」と帰ってきた娘とエプロン先生。手を洗ってエプロンと三角巾を身に付け、いざ夕飯の準備スタートです。

事前にアンケートで子どもが作りたいものを伝えていたので、エプロン先生はうまく長女をリードしていました。

「○○ちゃんは、ミートソースのリボンパスタを作りたいんだよね。材料はどこにあるかわかるかな?」
「お鍋にお湯を沸かしたいけど、道具はどこにあるかな?」

あくまで、子ども主体で。エプロン先生は「子どもが自分で作ること」を大切にしながら、サポートしていました。冷蔵庫を一緒に見ながら、使える食材を選んだり、他には何を作るか、子どもと相談しながら夕飯の献立を考えてくれたり。そばで見ていて、娘が少し緊張しながらもワクワクしているのが伝わってきました。

そして相談の結果、この日は
・リボンパスタのミートソース
・トマトとブラウンえのきのサラダ
・トマトの皮と鰹のだしで作ったじゃがいものスープ
に決定しました!

はじめての体験がたくさん!

photo by author (90756)

ミニトマトのヘタ取り!
via photo by author
エプロン先生と娘のやりとりを見ていて気付いたのは、娘にとってはじめての体験のオンパレードだということです。それなりに料理のお手伝いをしてもらっていると思っていましたが、私がお願いしていたことなんてほんのちょっとだったよう。

娘はもうすぐ5歳になります。包丁は使えますが、家でさせていたのは、ヘタを取ったミニトマトを半分に切る、皮をむいた人参を一口サイズに切る、というくらい。でも今回は、トマトのヘタ取りから皮の湯剥きまでをこなし、そして玉ねぎのみじん切りにも挑戦。
photo by author (90757)

湯剥きも上手にできました
via photo by author
調味料を軽量してボウルやフライパンに入れたり、ひき肉を炒める作業をしたり、親から見てもとても上手にこなしていました。こんなにいろんなことができるのか、と驚いたくらいです。

皮を剥くと野菜の香りがすること、肉は炒めると色が変わること。普段のお手伝いでは、いちいち子どもに教えたり見せたりできない細かいことも、エプロン先生は丁寧に教えてくれていました。

娘にとっても興味深かったのか、真剣に眺めたり、笑ったり、驚いたりと飽きずに料理を頑張ってくれていました。料理を開始してから1時間ちょっと。そんなに集中して、立ちっぱなしで作業するのは幼児には難しいだろうと思っていましたが、集中力や体力は意外とあるものなのですね。
photo by author (90759)

お肉の色が変わっていい香りがしてきました!
via photo by author

料理が完成!みんなで一緒にいただきます!

photo by author (90760)

食卓をセットして、盛り付けたお皿を運ぶところまで娘はやってくれました
via photo by author
料理が完成し、次は食器選びと盛り付け。

いつも使っているお皿やフォークを用意するとき、「私も手伝おうか?」と筆者が引き出しを開けようとすると「ダメ、今日は私がするから!ママはあっちに行ってて」と注意されました。エプロン先生の指導を受けてたったの1時間。すっかりやる気がみなぎり、最後まで自分でするという気持ちが湧いてきていることを、親としてすごく嬉しく思いました。

料理を並べて、みんなで一緒に「いただきます」。いつもはお皿を運びながら、席に着いてね、テレビ消してね、おもちゃ出しっぱなしだよ、などなど小言をいいながら(苦笑)バタバタといただきますを済ませてしまうことも多いわが家。でも、この日は娘が食事の用意をしていてくれている間に部屋の片づけも、次女の遊び相手もできたおかげで、気持ちに余裕がある状態で食事をスタートすることができました。

子どもたちと一緒に「いただきます」と言える。それだけですごく幸せな気持ちです。

そして、娘の作ってくれた料理!どれもすごくおいしかったです!

「味見をして、塩を足す、お醤油を加えるという最後の味付けは、〇〇ちゃんが決めたんですよ」と教えてくれたエプロン先生。そうか、最後まで自分で作ることを止めずにやりきったんだ、と思うと、余計においしく感じました。根気よく、子どものペースに合わせてサポートしてくださったエプロン先生にも感謝です。

子どもの自信と自立心を育てる料理体験

photo by author (90762)

3品も作ってくれた娘!本人もとても満足そう
via photo by author
食べ終わったあと「ママおいしかった?また作ってあげるね」とニコニコ笑いながら言ってくれた娘。本当に嬉しかったです。

これまでは一部分しかお手伝いをしてもらっていませんでした。お手伝いしてもらって、上手だね、ありがとう、という声はかけていましたが、そこまで本人の中に響いてなかったのかもしれません。今回は、献立を考えるところから、食卓に運ぶところまで通しでやりきったことで、娘は自信をつけられたし、進んでやろうという自立する様子も垣間見れることができました。

自宅でできる料理体験、食育体験。娘にとっても、私にとっても、利用してみてとてもよかったと感じました。食育ってどうすればいいのかわからない、子どもに料理体験をさせてあげたい、家族で食事をゆっくり楽しみたい。そんなふうに考えている方にぜひおすすめしたいです。
サービス名:かぞくごはん
料金:基本プラン(3時間)6,980円(税別)+交通費など1,200円、ごちそうさまコース(基本プラン+1.5時間)9,980円(税別)+交通費など1,200円、ごちそうさまコースはさらに追加で1,000円(税別)/30分を付けることも可能
対象年齢:3歳~10歳
詳しくは下記URLより確認
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

食育は簡単!日常会話が食育につながるワケを「かぞくごはん」が解説!

食育は簡単!日常会話が食育につながるワケを「かぞくごはん」が解説!

子どもが主体の料理体験サービス「かぞくごはん」代表の髙橋未来さんによるコラム『かぞくごはんで食育体験』2回目です。「食育ってなにするの?」「そもそも食育っ...
【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

子どもの健やかな成長にはバランスの良い食事がとても大切ですが、そこに「頭の良くなる」要素が加えられれば。忙しいパパママでもできる「つくりおき」料理で、毎日...
子どもたちに、料理を体験して理解する機会を―「かぞくごはん」で食育体験

子どもたちに、料理を体験して理解する機会を―「かぞくごはん」で食育体験

自宅で子どもが主体となり料理を体験できるサービス「かぞくごはん」。食育のプロ「エプロン先生」が子どもたちに食の大切さを教えてくれます。そんな「かぞくごはん...
【レシピ付】「数と大きさ」に親しめるひき肉料理のお手伝い

【レシピ付】「数と大きさ」に親しめるひき肉料理のお手伝い

ハンバーグや肉団子、餃子など、わが家ではひき肉料理が大人気!食べるのはもちろん、4歳の長女は作るのも大好き。お手伝いしてもらいながら、ついでに数や大きさの...
【年齢別】料理のお手伝い。子どもの成長に合わせた内容と教え方

【年齢別】料理のお手伝い。子どもの成長に合わせた内容と教え方

子どもの料理のお手伝いについて、年齢別おすすめのお手伝いや、教え方のポイントをご紹介します。家のお手伝いは子どもにとって、役割を与えられた喜びやその責任感...

WRITER

Akari Itoi Akari Itoi  フリーのエディター、ライター、イベント/セミナー運営のディレクターとして活動中。夫と娘2人、東京在住。石川県出身。得意な分野は食・子育て・ママライフ・学び。 調理師/パンコーディネーター取得。