2016年7月7日 公開

【小暑】七夕や鰻などで夏の始まりを感じよう!

二十四節気のうち7月7日から21日頃までを指す「小暑」(しょうしょ)。漢字からイメージして、「なんとなく暑い時期かな〜」と想像できても、言葉の意味までは分からないという方も少なくないはず。そこで今回は、小暑の天気の特徴や旬を迎える食材や草花などについてご紹介します。

そもそも「小暑」とは?

 (8123)

「小暑」というのは二十四節気の一つで、読み方は「しょうしょ」と読みます。
二十四節気とは、太陽の通る道筋を24等分したものです。
小暑以外にも、夏至や秋分などがよく聞く二十四節気だと思います。

中国が発祥で、中国の気候に基づいて決定されているため、日本の気候とは多少ずれが生じる場合もあります。なお、小暑は二十四節気の中でも11番目に数えられます。

小暑の時期は?天気の特徴は?

 (8126)

小暑という名称からも分かるように、梅雨が明けて本格的に暑い時期に差し掛かる頃を指します。
ですので、天気予報などで「小暑」という言葉を聞いたら、「そろそろ本格的に暑くなるんだな〜」と思ってください。

それ以外にも、セミが鳴き始めたら小暑に入る合図です。
日にちとしては、小暑は7月7日ごろを指します。
七十二候で考えると7月20日ごろまでが小暑にあたります。

小暑の時期の旬の花や植物は?

 (8129)

小暑の時期に旬な花として広く知られているのが「蓮」。
景観植物として用いられ、公園の池やお寺などでもよく見ますよね?

早朝から咲き始め7時〜9時頃にきれいな花を咲かせます。
お子さまと一緒に蓮鑑賞に出かける際は、朝の早い時間に行くことをおすすめします。

そして、みなさんもよくご存知の「朝顔」も小暑の時期に旬を迎えます。
朝顔の花言葉は「愛情」「愛情の絆」「はかない恋」など。
7月7日の七夕を色濃く連想させる言葉ばかりですね。

その他にも河原撫子などが旬を迎えます。

小暑の時期に旬を迎える食べものについて

うなぎ磯八 - 平塚/うなぎ [食べログ] (12670)

小暑の時期に旬を迎える食材は、鰻やとうもろこし、モロヘイヤ、こち、カレイなどです。

鰻は万葉時代から薬代わりとして食されてきました。
疲労回復はもちろん、視力回復や皮膚、髪、痛めた喉に潤いを与える効果があると言われています。

小暑の頃に行われる行事は?

 (8132)

七夕

小暑に差し掛かる日は7月7日頃。
まさに七夕ですね。
お子さまと一緒に願いごとを書いて笹に飾り付けましょう。

お中元(暑中お見舞い)

お中元は7月1日〜15日の間に贈るのが一般的です。

【小暑】七十二候について

 (8135)

二十四節気をさらに「初候」「次候」「末候」の三つに区分し、各季節の風物を言葉にしたのが「七十二候」です。

初候:温風至(あつかぜいたる)

夏の風が熱気を運んでくるころで、7月7日から11日ごろまでが初候にあたります。

次候:蓮始開(はすはじめてひらく)

蓮の花が咲き始めるころで、7月12日〜16日ごろまでが次候にあたります。

末候:鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)

鷹のヒナが飛び方や獲物の捕らえ方を覚えるころで、7月17日〜20日ごろまでが末候にあたります。

小暑にちなんだおすすめ書籍をご紹介!

はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈2〉夏 蚕起きて桑を食う | 根本 浩, 小林 絵里子 | 本-通販 | Amazon.co.jp (8138)

タイトル : はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈2〉夏 蚕起きて桑を食う
著者   :(著)根本 浩 ,(絵)小林 絵里子
出版社  :汐文社


季節感を重んじて暮らしの中に取り入れるのが日本人の心ですよね。

それに関連した書籍も発売されています。
その中でも小暑について詳しく紹介されているのが『はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候(2)夏 蚕起きて桑を買う』です。
ぜひお手に取ってみてくださいね。

日々の何気ない会話に取り入れてみては?

季節感を取り入れるだけで、日々の暮らしがまた違ったものに変化するはずです。

この記事を参考に、お子さまに「今日は七夕だけど、小暑でもあるんだよ〜」と話しかけてみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【大暑】花火大会やひまわり鑑賞で夏の暑さを感じよう!

【大暑】花火大会やひまわり鑑賞で夏の暑さを感じよう!

二十四節気のうち7月23日ごろ~8月8日ごろの立秋の前日までの約15日間を指す「大暑」(たいしょ)。ひまわりの大輪が咲き誇ったり打ち水が行われたりなど、こ...
【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

冬至(とうじ)といえば、日本の季節行事の中でもご存知の方が多いものかもしれません。ですが、毎年12月21日〜6日頃の期間を示す二十四節気のひとつ「冬至」と...
【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

二十四節気のひとつ「大雪」(たいせつ)は冬が本格化してくる、毎年12月7日〜21日頃のことを指します。山間部では雪が積もり、都市や平野部でもちらほらと雪の...
【小雪】空から冬の便りが届く季節がやってきた

【小雪】空から冬の便りが届く季節がやってきた

二十四節気のうち11月22日~12月6日ごろを指す「小雪」(しょうせつ)。朝晩のピンと張りつめた空気に冬の到来を感じる時期です。この頃になるとぐっと気温も...
【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

二十四節気のうち11月7日~11月21日ごろを指す「立冬」(りっとう)。まだまだ紅葉がきれいな時期ですが、天気予報やニュースなどで立冬が告げられると「そろ...

KEYWORDS

WRITER

maririn1024 maririn1024  春から子供が幼稚園に通い始めました。少しづつ時間が取れるようになってきたので執筆頑張ります!