2016年4月5日 公開

【清明】彩り豊かな季節だからこそ、自然とより触れ合おう

4月4日~4月19日ごろを指す清明(せいめい)。冬の寒々としたあまり明るい色のない景色から一変、驚くほどさまざまな色に満ちてくる時期です。行事や旬の食材や気候などと絡めて、どんな暦育児ができるのかをご紹介します。

渡り鳥は「きたる」か「かえる」か

ツバメの飛翔|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1748)

清明の時期の七十二候は、

・初候「玄鳥至(つばめきたる)」
・次候「鴻鴈北(こうがんかえる)」
・末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」

になります。

初候と次候で現れる渡り鳥として有名なツバメとガン(鴈)。これらは「きたる」と「かえる」なので、逆向きに進むことがわかります。ツバメは東南アジアで越冬した後に日本に戻ってくるので「きたる」、ガンは逆に日本で越冬した後にロシアやカナダなどの北へ戻っていきますので「かえる」となっているのです。渡り鳥がどこで越冬するのかというのは、元々の生息場所がどの程度の北に位置しているかによって変わるのです。

世界地図を使って、ツバメとガンがどこに行って、どこに帰るのかお話ししてもいいですね。また、この時期にツバメが登場してくる絵本「幸福な王子」を読むのもおすすめです。

http://www.543life.com/season-seimei.html

虹を見ることができるのは稀、だからこそ、必ず足を止める

虹|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1754)

清明の時期に彩りが豊かになる象徴として、虹が挙げられます。

赤→橙→黄→緑→青→藍→紫というという7色が順に並び、とても美しいですね。虹を見ることができた時には、大人でも嬉しくなり思わず足を止めて見惚れてしまいます。

冬は湿度が低いため、なかなか虹が見えないのですが、春になるとどんどんと虹が見えやすくなっていきます。そのため末候が「にじはじめてあらわる」となっているのです。

もしも子供と一緒に虹が見れたなら、その時は、急いでいても足を止めて一緒に眺めてくださいね。稀に見ることができる美しい春の訪れを一緒に感じてみてください。

十三詣で京都嵐山の法輪寺へ

お願い事|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1757)

この時期の行事はほぼないのですが、関西圏で特に重要視されている十三詣(じゅうさんまいり)という行事があります。性別に関わらず数え年13歳の時期に行うので、小学校卒業と中学校入学の時期のお祝いになります。

京都嵯峨の虚空蔵法輪寺における虚空蔵菩薩へのお参りが有名ですので、ぜひ訪ねてみてください。幼児期にはあまり関係のない行事ですが、「13歳になったら…」というお話ができると良いですね。

http://www.kokuzohourinji.com/

使いやすい旬の食材で楽しい夕食を

たらのめ2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1760)

晴明の旬の食材は、たらの芽や三つ葉、新ジャガイモ、初鰹、サザエなどです。多くの山菜が旬の食材となりますので、炒め物にしやすいのが特徴です。

また、三つ葉やみょうがなどの薬味を、かつおのたたきにたっぷりとかけていただくのも、季節ならではの食べ方です。

清明を知るならこの本を

青空と木々4|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1763)

「はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈1〉春 桃始めて笑う」という本は、春というくくりで、晴明ももちろんですが立春・雨水・啓蟄・春分・穀雨、そしてそれに該当した七十二候が詳しく掲載されています。

清明は生き物が生き生きとしている季節

木々が青々とし、花が咲き乱れ始める清明。

さまざまな昆虫や動物たちも動き始めますので、生き物図鑑を持って外出しても良いですね。
ピクニックが楽しくなる季節ですので、大きめの公園へ遠出してみてください。五感を育むには特に良い季節ですので、ぜひ活用してください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「暦生活」が素敵すぎる♪日本だけの暦育児のススメ

「暦生活」が素敵すぎる♪日本だけの暦育児のススメ

ハッキリとした四季がある日本だからこそ、昔ながらの暦を利用した情操教育がおすすめです。「暦生活」を素敵に活用して、暦育児を取り入れてみてくださいね。小学校...
【穀雨】茶摘みやたけのこご飯で春の終わりを感じよう

【穀雨】茶摘みやたけのこご飯で春の終わりを感じよう

4月20日~5月5日ごろを指す穀雨(こくう)。穀物のための雨という意味を持ち、日本ではそろそろ田植えの季節がやってくるな……という時期です。この季節ならで...
【春分】出会いと別れ、そして生命の誕生を感じよう!

【春分】出会いと別れ、そして生命の誕生を感じよう!

3月21日~4月4日ごろを指す春分(しゅんぶん)。出会いや別れの時期であり、植物や動物の息吹が感じられる時期でもあります。暦育児として意識しやすい行事は、...
新年度がはじまるよ!楽しく歌いたい4月の童謡 4選

新年度がはじまるよ!楽しく歌いたい4月の童謡 4選

花が咲き乱れ、蝶々やハチなどの虫たちが飛び回る4月。新学期がはじまる月でもありますね。そんな4月に歌いたい童謡をご紹介します。1番しか歌われていないものも...
【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

冬至(とうじ)といえば、日本の季節行事の中でもご存知の方が多いものかもしれません。ですが、毎年12月21日〜6日頃の期間を示す二十四節気のひとつ「冬至」と...

WRITER

にいな にいな  元気いっぱいな息子と旦那と日々楽しく過ごしてます!