2016年8月25日 公開

ベランダ菜園にチャレンジ!育てる喜びを感じよう

植物を育てることはお子さまの情操教育や理科の勉強に役立てることができます。水をやらなければ植物は枯れてしまいますし、適切なお世話で見違えるほど元気になります。お子さまに、図鑑や本を読むだけではわからない「植物を育てる」という貴重な体験をさせてあげてみませんか?

白や赤が可愛い二十日大根、ピンクのものもあります

日当たりがよければ、2~3週間で食べられるくらいに大きくなる二十日大根。色とりどりで可愛いので、お子さまも喜んで収穫してくれます。

春から秋にかけて、真夏と真冬を除けばいつでも種をまいて育てることができるので、ベランダ菜園としてはじめやすい野菜です。

あらかじめ水をたっぷり含ませた土に、浅くつけた溝に種をまき、薄く土をかぶせます。
ある程度大きくなったら、間引きするのを忘れないようにしてください。

小さくてかわいい二十日大根ですが、大根なので生のまま食べるのはお子さまは苦手かもしれません。その場合にはお味噌汁にするなど、火を通すことで食べやすくなります。

リコピンたっぷりのミニトマト!

家庭菜園の王道ミニトマトを育てるのはいかがでしょう。

双葉から、大きくなって花が咲き、実が付く様子を観察することができます。
緑のトマトがだんだんと赤くなっていく様子をじっくり観察し、「そろそろ食べごろかな?」などと相談しながら収穫するのは、お子さまの良い思い出になります。

しっかりと熟した採れたてのトマトの味がわかるのもベランダ菜園ならではですね。食べきれないほど収穫できたら、ドライトマトを作るのもおすすめです。

意外と簡単なラズベリー(木苺)

一般的に、ラズベリーやブラックベリーと呼ばれる品種です。
果物は育てるのが難しそうに思えますが、木苺は野生にもたくさん見られることからもわかるように育てやすい植物といえます。果実は甘酸っぱく、香りが良い果物です。病害虫が付きにくく、プランターでも育てることができます。

収穫した後は痛みやすいので、スーパーなどではなかなか生のラズベリーをみることはないですよね。
ベランダ菜園で育てることで、他ではできない経験をお子さまにさせてあげることができますよ。
大量に収穫できたら、ジャムを作ることをおすすめします。

モリモリ食べたいトウモロコシ!

畑で栽培しているイメージが強いトウモロコシですが、プランターでも栽培することができます。
日当たりがよければ、プランターでもぐんぐん育ち、種からでも簡単に育てることができる野菜でベランダ菜園初心者でも安心です。

育て方は土が乾いたらたっぷり水やりをするというやり方で十分なので、管理しやすいのも魅力ですね。風によって受粉する性質があるので、数本を近くに置いて育てたほうがよりきれいなトウモロコシを収穫できます。

トウモロコシが嫌いなお子さまは少ないのではないでしょうか。ぜひみずみずしいトウモロコシを食べさせてあげてください。

土に触れる楽しさを、大人もお子さまも味わいましょう!

お花を育てるのも楽しいですが、食べられる野菜や果物を育てると違った感動を味わうことができます。お子さまが小さくてお世話が難しい場合でも、収穫と食べる経験はできる場合が多いので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

野菜を育てるって楽しい!秋にはじめるベランダ菜園!

野菜を育てるって楽しい!秋にはじめるベランダ菜園!

野菜を育てるといえば春に蒔いて秋に収穫、というイメージを持っている方が多いかと思います。でも秋に蒔いて冬に収穫できる野菜もたくさんあるんです!今回はベラン...
野菜の名前言えるかな?鮮度の見極め方は?

野菜の名前言えるかな?鮮度の見極め方は?

キャベツとレタスなど、子ども目線では区別しづらい野菜は意外とたくさんあります。違いを聞かれたときに正確に教えてあげられるよう、紛らわしい野菜の見分け方を知...
子どもに人気のごま和えの魔法!野菜が何でも食べられるように

子どもに人気のごま和えの魔法!野菜が何でも食べられるように

栄養たっぷりで、いろいろな素材との相性の良いごま和え。和食はハードルが高いように思いますが、実はとっても簡単なんです。しかも、ごま和えを日々の食卓に取り入...
野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

学校給食の残食率が増え、特に野菜の食べ残しが多いこと、また『10年前と比べて子どもの偏食が増えている』と感じる教員が約80%いることが、トレンド総研の調査...
子どものピーマン嫌いを克服!パクパク食べてもらう工夫

子どものピーマン嫌いを克服!パクパク食べてもらう工夫

栄養価が高いピーマンは、子どもに食べてもらいたい緑黄色野菜のひとつ。しかし、ピーマンの味・食感・香りが苦手という子どもが多いのも事実です。そんな嫌われ者の...

WRITER

ゆうこ ゆうこ  興味があるのは、絵本や電化製品です。電気屋さんでウロウロする事が癒しです。