2016年5月27日 公開

梅雨がよく合う花、あじさいとはどんな花なのだろう?

あじさいは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種です。6月ごろに、青色や紫色の花を咲かせます。梅雨の風物詩ともいえるあじさいは、見る人の心を和ませ梅雨の嫌な気分を吹き飛ばしますね。あじさいのイロハを勉強しましょう。

あじさいとは何だろう?語源から紐解く

あじさいと呼ばれるようになった語源は、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説が有力です。

日本語で漢字表記に用いられる「紫陽花」は、唐の詩人白居易が別の花、おそらくライラックに付けた名前だったはずが、平安時代の学者源順がこの漢字をあじさいに当てたことから誤って広まったと言われています。
誤って付けたものが、そのままの表記に用いられるようになっています。

あじさいの特徴は?どんな花でしょう

あじさいの木の高さは、1から2mほど。葉脈がはっきりとわかり、周囲がのこぎり状になっているのが特徴的な葉をしています。

5月から7月にかけて花を咲かせ、一般的に花と言われている部分は実は萼です。
めしべやおしべが退化しており特殊な形をした装飾花です。

花の色は、青や紫色が多くアントシアニンという色素の影響ですが、土壌のphによって花の色が変わります。
酸性度が高いと青色が強くなり、アルカリ性が強いと赤っぽくなります。

あじさいは、2種類のものがあった!

あじさいを分類すると、2種類に分けられます。ガクアジサイと、ホンアジサイです。

ガクアジサイは、海岸に自生していて、高さは2mほどですが4mまで大きくなることもあります。
花序は多数の両性花を中心として、装飾花が周りを縁取るように付きます。

名称の「ガク」はこのさまを絵画の額縁になぞらえたものです。

ホンアジサイは、ガクアジサイの日本原産の品種で自生している説もあるが、はっきりとはしていません。

種ができないので、挿し木や株分けで増やします。
このホンアジサイが、ヨーロッパにわたり品種改良されて園芸用のあじさいになっています。

あじさいの名所ってどこだろう?

日本の全国各地に、あじさいを境内にたくさん植えたアジサイ寺とよばれる観光名所がたくさんあります。

神戸森林植物園のような植物園でもきれいなあじさいを見ることができます。
全国各地にあじさいの名所はありますので調べて見に行ってみてはいかがでしょう?

あじさいは、梅雨のシーズンにきれいな花

雨が良く似合う花、あじさい。
種子ができにくいため、挿し木や株分けでしか増やすことができない日本のあじさいや、ヨーロッパから逆輸入しているあじさいなどがあります。
あじさいのことを解ってさらに美しさを感じてください。
知れば知るほど、もっとあじさいが好きになりますね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
梅雨時の花、あじさいが出てくる絵本4選

梅雨時の花、あじさいが出てくる絵本4選

梅雨の花といえば「あじさい」と言えるほど、あじさいと梅雨は切っても切れない関係です。雨の日の情景にあじさいが登場する「あじさい」と「雨」を取り扱った季節感...
【雨の日の湿気対策】場所別ポイントは?カビ・結露のない部屋に

【雨の日の湿気対策】場所別ポイントは?カビ・結露のない部屋に

雨の日に外で洗濯物が干せず、部屋干しをすると家全体が湿気た感じがしませんか?特に雨が続く梅雨の季節などは、しっかり湿気対策をとっておきたいもの。カビや結露...
「梅雨とは何?」子どもにどう説明する?よくある疑問と解説

「梅雨とは何?」子どもにどう説明する?よくある疑問と解説

ジメジメとした梅雨は大人にとっては憂鬱な季節ですが、子どもには興味の対象になることも。「どうして梅雨には雨がいっぱい降るの?」「どうして梅雨っていうの?」...

KEYWORDS

WRITER

goche0810 goche0810  学習塾勤務、日本語教師を経て、現在は海外で真のスローライフを追求中。毎朝の野菜ジュースと週3回のジムが日課。