2016年11月21日 公開

【小雪】空から冬の便りが届く季節がやってきた

二十四節気のうち11月22日~12月6日ごろを指す「小雪」(しょうせつ)。朝晩のピンと張りつめた空気に冬の到来を感じる時期です。この頃になるとぐっと気温も低くなり日中のお日さまの暖かさがありがたく感じられるようになります。今回は、日増しに本格的な冬の到来を感じる季節、小雪を紹介します。

二十四節気と七十二候における小雪とは

 (20877)

小雪(しょうせつ)は二十四節気の中では第二十に当たり、11月22日頃となっています。
暦便覧に、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と記されており、北海道や東北北部などの寒冷地や山岳地では雪の便りが届く頃です。


立冬は七十二候に分けると以下の3つの季節になります。

■初候11月22日〜11月26日頃
虹蔵不見(にじかくれてみえず)・・・・・・お日さまの光が弱まり虹も見かけなくなる季節

■次候:11月27日〜12月1日頃
朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)・・・・・・木々の葉は北風に吹き払われる季節

■末候:12月2日〜12月6日頃
橘始黄(たちばなはじめてきばむ)・・・・・・橘の実が黄色くなり始める季節


七十二候の表現からも本格的な冬が近づいている様子がひしひしと伝わってきますよね。

お子さまと一緒に小雪を感じてみよう!

 (20880)

 (20882)

山岳部や北海道、東北北部などの平地では雪が降りはじめます。
ニュースなどで雪の便りが聞こえたら、「雪が降りはじめる時期を小雪って言うんだよ」と会話してみてはいかがでしょうか。

また、食べ物ではミカンや柚子、ほうれん草や蟹などが旬を迎え、食べ物でも小雪を感じることができます。
ミカンにはビタミンCはもちろんのこと疲労回復効果のあるクエン酸が含まれており、ほうれん草は鉄分や抗酸化作用のあるβカロテンなどが豊富と家族みんなに食べてもらいたい栄養素がたくさん含まれています。

旬を迎えることでますますおいしく、栄養たっぷりとなった食べ物を食べて本格的な冬への準備をしましょう。

ほかにも、植物では菊や柊が見頃を迎えます。お天気のいい日には公園やお散歩へ出かけてお子さまと一緒に探してみてくださいね。

小雪を迎えたら気をつけておきたいこと

 (20887)

 (20890)

寒さはもちろんのこと、空気の乾燥も気になりはじめるこの季節。
インフルエンザや胃腸炎など感染症も流行しはじめるので、手洗いやうがい、マスクなど感染症予防に家族みんなで気をつけましょう。
また、水仕事による手荒れや乾燥による肌荒れにも悩まされる時期になります。ハンドクリームを準備するなど乾燥対策も忘れないでくださいね。

古くから受け継がれる小雪の伝統行事

 (20895)

11月23日には全国の神社で「新嘗祭(にいなめさい)」が行われます。
「新」は新穀を「嘗」はごちそうを意味し、秋の収穫を神様に感謝する行事です。
その歴史は古く、「古事記」にも天照大神が新嘗祭を行ったと記されているそうです。

現在では「勤労感謝の日」にあたり、国民の祝日として広く認識されています。
秋の収穫と、収穫までに携わってくれたたくさんの人々の勤労に家族みんなで感謝しましょう。

パパママも一緒に学ぼう!日本の二十四節気・七十二候

はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈4〉冬 熊穴に蟄る | 根本 浩, 小林 絵里子 |本 | 通販 | Amazon (119265)

タイトル:はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈4〉冬 熊穴に蟄る
著者  :根本浩(著)/小林絵里子(絵)
出版社 :汐文社

『はじめてふれる日本の二十四節気・七十二侯』シリーズは、二十四節気や七十二候を絵や文章で分かりやすく解説しています。

お子さまはもちろんのことパパママにとっても日本の季節の移ろいをあらためて確認する良い機会になりますよ。
小雪については『はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈4〉冬 熊穴に蟄る』に掲載されています。

秋も過ぎ去りいよいよ冬へ

チラチラと雪が舞いはじめる小雪。秋も終わりを告げ季節はいよいよ冬へと移っていきます。寒さに身体が縮こまりそうになりますが、旬の食べ物や見頃の草花などから家族みんなで小雪を感じてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

【冬至】夜が特に長い日は、おうちで英気を養おう

冬至(とうじ)といえば、日本の季節行事の中でもご存知の方が多いものかもしれません。ですが、毎年12月21日〜6日頃の期間を示す二十四節気のひとつ「冬至」と...
【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

【大雪】寒さが本格化してくる頃、お正月の準備を始めよう!

二十四節気のひとつ「大雪」(たいせつ)は冬が本格化してくる、毎年12月7日〜21日頃のことを指します。山間部では雪が積もり、都市や平野部でもちらほらと雪の...
【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

【立冬】冬の足音はすぐそばまで、立冬を学ぼう

二十四節気のうち11月7日~11月21日ごろを指す「立冬」(りっとう)。まだまだ紅葉がきれいな時期ですが、天気予報やニュースなどで立冬が告げられると「そろ...
【霜降】サクサクと霜を踏みしめて……冬の訪れを感じよう!

【霜降】サクサクと霜を踏みしめて……冬の訪れを感じよう!

二十四節気のひとつ霜降は「そうこう」と読み、霜が降りてくる季節、毎年10月23日〜11月7日頃のことをを指します。一つ前の寒露の季節には凍りきらなかった朝...
【寒露】秋と冬の過渡期!移り変わりを感じよう

【寒露】秋と冬の過渡期!移り変わりを感じよう

二十四節気の寒露(かんろ)は、ちょうど秋と冬が入れ替わる時期、毎年だいたい10月8日〜10月22日頃に当たります。空の雲の形や空気は寒露の時期を境にその様...

KEYWORDS

WRITER

でこぽん でこぽん  元気ありあまる女の子2人のママです。3世代仲良く暮らしています。