2018年8月10日 公開

食育は簡単!日常会話が食育につながるワケを「かぞくごはん」が解説!

子どもが主体の料理体験サービス「かぞくごはん」代表の髙橋未来さんによるコラム『かぞくごはんで食育体験』2回目です。「食育ってなにするの?」「そもそも食育って?」と悩むパパやママは必読!食卓を囲んで会話することそのものが食育だというのです。そのワケは?

食育ってなに?いまいちピンとこない食育について

photo by かぞくごはん (108561)

一緒に写真に写ってくれているのは、「エプロンキッズ」のりゅうちゃんです!
via photo by かぞくごはん
Chiik!読者のみなさま、こんにちは。
「かぞくごはん」代表の髙橋です。
連載2回目は、「食育」についてです。

食育と聞くと、大事そうだけど実際に何をすればいいかわからない……そうお悩みの保護者の方は多いのではないでしょうか。

1回目の連載でも少し触れましたが、食育基本法によると、「食育はすべての教育の基礎」とされています。

「すべての教育」なんて言われると、一見すると凄そうですが、具体的にどうすればいいのか想像がつきにくいですよね。

しかし、少し見方を変えると、どんなことでも食育となり得るということなのです。そうです、食育は特別なことではなく、すごく身近なところにそのヒントがたくさんあるのです。

発想の転換で親子の日常会話も食育に!

 (108649)

kai keisuke / Shutterstock.com
たとえば、いつもなんとなく食べている食後のデザート。この季節だから、スイカだとしましょう。

スイカを食べているときに、「何かの味に似ているねー」という話をしてみたり、スイカに塩をつけると甘くなるのは何故かを話してみたり、どうして種がたくさんあるのかを一緒に考えてみたり。

夏になると何故そうめんが食べたくなるのか、なんていうお話でも十分。

夏場に火のそばに立ってご飯を作ると汗をかきますよね。その汗だくの姿でママがキッチンから「暑いわ~」と出て来るのだって、実は食育になっちゃうんですよ!

「どうしておうちの中はクーラーが効いているのに、ママはそんなに汗をかいているのか」と、子どもからしたら不思議で仕方ないですよね? 

ママはキッチンで何しているの?
火を使うとどうなるの?
焼くってどういうこと??

子どもの頭の中にいろんな「?」が生まれてきます。まさしくこれが食育の第一歩なのです!

親がするべきは「考えるキッカケを与えること」

 (108651)

all_about_people / Shutterstock.com
たとえその場で答えが出なくても、考えるキッカケを与えてあげれば、子どもは自ら学びます。
むしろ、保護者の役割は答えを出すことではなく、問題提起をしてあげることです。

どうしてかな、不思議だなと考えるうちに、子どもは問題提起すら自分でできるようになります。「疑問に思うこと」が子どもの力を伸ばしていくのです。

これが教育の基本であり、「食育」に結びつくものであると私たち「かぞくごはん」は考えています。

親子のコミュニケーションがそのまま食育に

 (108654)

Twinsterphoto / Shutterstock.com
つまり何が言いたいのかというと、食育って特別なことをする必要はないということです。

強いて言うなら、食事中や料理中に、子どもとのコミュニケーションを積極的に取るようにしてください。

大人が思うよりも、もっともっと子どもに話しかけていいと思います。些細なことでも聞いてみてください。食べ物の色や匂い、形、音。同じことでも、お子さまの反応がよかったり喜んだ話は何度も繰り返し言葉にしていいです。

そうして親子で好きな時間、楽しい時間を過ごせればOKなのです。それが教育、そして「食育」につながります!

家族のコミュニケーションをお手伝いする「かぞくごはん」

photo by Akari Itoi (108667)

via photo by Akari Itoi
だけど、忙しいとゆっくり会話をしながら食事をする余裕がない……そんな保護者の方も多いでしょう。

そんなときに、「かぞくごはん」を活用していただきたいと思います。パパママは、帰ってきたら子どもが作ったご飯をゆっくりと食べることができ、お料理体験をした子どもはきっと、いろいろなことをお話してくれるに違いありません。

どうやって作ったの?
何が入ってるの?
今度パパやママとも一緒に作ろう!

そんな楽しい会話で盛り上がる食卓=家庭での食育活動を、「かぞくごはん」はサポートしています。

詳細は、以下WEBサイトをご覧ください。
次回はかぞくごはんのビジョンや、ミッションについてお話したいと思います。
連載3回目もよろしくお願いします!

【NEWS】「かぞくごはん」からのお知らせ

夏休み限定「自由研究プラン」半額キャンペーン!

「自由研究プラン」は、サントリーのソフトドリンク飲料を用いてさまざまな料理を作り、その様子を専用レポート用紙にまとめることで、自由研究として提出することができるプランです。

この夏休み限定プランの利用料を、特定の日時に限り50%オフで提供するキャンペーンがスタート!

夏休みに自由研究に取り組んでみたいお子さま、料理体験をしてみたいお子さまにおすすめのプランです!

◆半額キャンペーン実施期間
以下のURLからご確認ください。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=apronsensei%40gmail.com&ctz=Asia%2FTokyo

◆特典
【その1】「かぞくごはん」オリジナルの提出用レポート用紙(データ)をプレゼント!
【その2】お料理に使うソフトドリンクはサントリーより無料提供!

◆料金
・1回コース 6,980円(特定日に限り3,490円)
・3回コース 17,940円(1回あたり5,980円)
・5回コース 27,400円(1回あたり5,480円)
※別途交通費1,200円が必要です
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもたちに、料理を体験して理解する機会を―「かぞくごはん」で食育体験

子どもたちに、料理を体験して理解する機会を―「かぞくごはん」で食育体験

自宅で子どもが主体となり料理を体験できるサービス「かぞくごはん」。食育のプロ「エプロン先生」が子どもたちに食の大切さを教えてくれます。そんな「かぞくごはん...
日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

現代の家庭では両親ともに忙しく、子どもとゆっくり食事を楽しむ時間を取れずにいます。そんな親たちの悩みを解決したい、と自宅訪問型食育指導サービス「かぞくごは...
親子で味噌作りに挑戦!作り方や楽しく取り組むポイントを紹介

親子で味噌作りに挑戦!作り方や楽しく取り組むポイントを紹介

自宅で味噌作りをする方が増えています。なんだか難しそうなイメージがありますが、やってみるとものすごく簡単!親子で取り組むのにぴったりですよ。大豆から味噌を...
【レシピ付き】親子で作ろう♪簡単おいしい「フルーツ大福」

【レシピ付き】親子で作ろう♪簡単おいしい「フルーツ大福」

もちもちの大福とフレッシュでジューシーな果物との組み合わせは無限大!いちごはもちろんバナナにオレンジ、そして中でもオススメは「キウイ大福」♪電子レンジで作...

WRITER

かぞくごはん かぞくごはん  「かぞくごはん」は、忙しいママ・パパのための「子どもが主体の料理体験サービス」です。 料理や家庭保育の経験が豊富な“エプロン先生“がご自宅に訪問し、献立作成から買い物をはじめ、家庭料理づくり全般を通じて普段忙しくてゆっくりと教えてあげられないお料理やマナーなどの家庭教育をサポートしながら、お子様の「やりたい!やってみたい!」をいう好奇心をサポートしているサービスです。