2018年3月13日 公開

深海の世界をもっと知りたい!を応援する本・図鑑5選

ダイオウイカやダイオウグソクムシなど深海の生き物は子どもたちに大人気。一般的な海の生物と違い、直接生態を観察するのが難しい深海生物たちですが、本や図鑑を見れば彼らが住む不思議な深海の世界について学ぶことができます。絵本から図鑑まで、深海について学べる書籍を5冊セレクトしました。

DVD、スマホ連携のしかけつき人気図鑑

タイトル:学研の図鑑LIVE(ライブ)15巻 深海生物
著者  :武田正倫(監修)
出版社 :学研

学研の図鑑LIVE(ライブ)シリーズの「深海生物」は、インパクトのある写真とわかりやすい解説で深海への理解を深めます。

写真や精密なイラストで収録されている深海生物は約200種類。また生物だけではなく深海の様子の解説もあり、彼らの生きる深海の世界を知ることができます。

英国・BBC制作のDVDや、スマートフォンを使ってAR(3DCG)が見られるアプリなど、子どもがワクワクするしかけも満載です。

子どもから大人まで楽しめる充実の事典

タイトル:深海生物大事典
著者  :佐藤孝子
出版社 :成美堂出版

子どもから大人まで楽しめる、充実した内容の大事典です。特に子ども向けに作られたものではありませんが、豊富に掲載された美しい写真が子ども心をつかみます。

また生息地の水深の目盛り、シルエットでの大きさ比較、獲物のアイコン表示など、視覚的にわかりやすく編集されています。生物学的な解説だけではなく豆知識も載っているので、親しみがわきます。

「大事典」の名前にふさわしい、深海生物の図鑑の決定版です。

クイズで楽しく深海生物について学べるミニ図鑑

タイトル:学研のクイズ図鑑 深海生物のクイズ図鑑
著者  :土田真二(海洋研究開発機構)(監修)
出版社 :学研

クイズに挑戦できるミニ図鑑です。持ち運びやすい文庫サイズで外出時のおともにも最適。
サイズはミニながら、深海の生き物たちの迫力ある写真やイラストがたくさん掲載されています。

監修者の土田氏が所属する海洋研究開発機構は、海の観測研究を行っている国立研究開発法人です。

100問のクイズに全問正解して、深海博士を目指してみては?

遊び心がいっぱいの実は奥深い深海絵本

タイトル:絵本●すいぞくかん しんかいぎょっ!
著者  :ともながたろ(絵) なかのひろみ・まつざわせいじ(文)
出版社 :アリス館

深海魚の魅力がたっぷりつまった絵本です。ユニークな深海魚たちがかわいらしくデフォルメされていますが、細部は正確なイラストで紹介されています。

絵を担当したともなが氏は、「ぼくのすいぞくかん」というWeb水族館の館長で魚の大好きなイラストレーター。

絵本でありながら、楽しく読んでいるうちに自然と深海の世界のイメージをつかむことができる、奥深い本です。

しんかい6500に乗っているような気分になれる絵本

タイトル:海中大探険! しんかい6500で行く、深海への旅
著者  :井上 よう子(作)、 木下真一郎(絵)
出版社 :岩崎書店

潜水調査船に乗って深海を探検する、というお話の絵本です。
科学雑誌「Newton」などでも活躍するイラストレーターの木下氏が絵を担当。リアルな深海生物のイラストとわかりやすい文章で、まるでしんかい6500に乗っているような気分に。

深い海はどうなっているんだろうという子どものワクワク感を盛りあげます。

宇宙より近いのに神秘に満ちた深海の世界

深海とは、水深200m以上を指すことが多く、人類が到達している一番深いところは10,000mほどです。地上100km以上の高度と定義されている宇宙空間よりは遠くありません。

しかし、深海はいまだ謎多き世界。潜水艇などを操縦する深海パイロットの数は、宇宙飛行士よりはるかに少ないといわれています。

今回ご紹介した本や図鑑で、驚きと神秘に満ちた深海の世界を、お子さまと一緒に探検してみませんか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
本を読んでオリンピックの興味づけ!スポーツに関する絵本5選

本を読んでオリンピックの興味づけ!スポーツに関する絵本5選

2020年、東京でオリンピックが開催されます。自国開催はオリンピックを身近に感じられる貴重な機会であり、家族みんなで思いっきり楽しみたいもの。開催までに、...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。